電気工事ならなんでも 漏電修理・ブレーカー修理・アンペア変更・防犯セキュリティ! 親身なサービスで感動を与えたい。
名古屋・一宮市・愛知県・岐阜県・三重県「櫛田電工」は電気工事とITで電気設備をトータルサポート。 ワンストップ工事で工事費削減!

  1. ホーム
  2. >
  3. アーカイブ

カテゴリー: 「ブログ」

Jazzと旧友

2018-06-18

今日はJazzを聴きに行ってきました。

 

 

電気工事屋 と Jazz?

 

一見繋がりが無いようですが・・・

繋がりは無いです(爆)

 

今日は、いつも懇意にしてるお客さまで同級生のTさんから、

別の同級生RさんがJazzライブハウスでライブをやるから一緒に行かないか?

とお声掛けを頂いて、ぜひ行きたくなって行ってきました。

 

中学を卒業してからなので25年ぶりぐらいでしょうか?

「行きたくなった」というより、「逢いたかった」から という方が正確な感情です。

 

さらに、ライブハウスには、また別の同級生も。

さらに さらに、中学校の恩師までいらっしゃいました。

 

当時やんちゃをしていて 先生に迷惑をかけまくっていたこともあり、先生には「その節は、ほんとに申し訳ありませんでした。子供を持つようになり、やっと分かりました。」と平謝りです。

聞けば、当時の先生は30歳台だったそうで、今の自分よりも若かったことも知り、なおさら迷惑をかけたことを反省させられました。

 

もうほんとに、とても懐かしい顔に、顔のほころびが止まりません。

このような場に誘って下さったTさんには、ほんと感謝しきりです。

 

 

そして、ライブの方はというと、

 

イギリス系のロックバンドの曲をメインとしたJazzアレンジ

ディープ・パープル

レッドツェッペリン

クイーン

など、誰もが一度は耳にしたことがある曲がJazzアレンジされています。

 

Jazzにアレンジして原曲とはかなり違ってるのに、でもすんなり耳に入ってきて、元の曲もわかる仕上りになってます。上から目線じゃないですが、これはアレンジャーの腕がいいからなんだろうな なんて思いながら聞いていました。

 

ヴォーカルのRさん、とてもいい顔で歌っています。

気持ちよさそうです。

なんか、魂を感じました。(チープな表現しかできなくてゴメンナサイ・・・)

 

この迫力、皆さんにも ぜひ一度聴いて頂きたいです。

ほんと、素晴らしい!!

 

 

vocal 清本りつ子

jazz inn LOVELY

 

異業種交流会2018

2018-06-07

今年も来ました、企業同士の出会いの場。

 

「異業種交流会」

 

今年は、会場へ向かう途中で事故渋滞にハマって、

会場入りが遅れてしまいましたが、それでも新たな出会いがありました。

 

 

さて、会場に着いて、まず最初に!

腹ごしらえ!

1時間半ほどの渋滞でお腹が空きました。

 

立食パーティー形式なので、まずはお皿にいっぱい乗っけてお腹にカキコミます。

 

そして、予め参加企業リストからピックアップした、お話をしてみたい企業さまを、懇意にしてる担当者さんにお願いして紹介してもらいます。

 

 

お話してみたかった企業さまと何社かは、お話できたのですが、

でも何社かは既に帰られたとのことで、お会いできませんでした。

 

渋滞で遅れたのが残念でなりません。

 

(ご飯食べてる場合じゃなかっただろって言うのは・・・ここだけの話で・・・)

 

 

そして今年も、いつも懇意にさせて頂いてる元請けさまが 企業ブースを出されていました。

長距離型ID認証システムを提供されていて、その施工のお手伝いをさせて頂いてます。

 

車に乗ったまま通行証カードを認識してくれてゲートが開くシステムで、

インターホンや監視カメラも併設でき、

ゲートの開閉だけでなく守衛室からのゲート操作や監視との連携もできる、とても素敵なシステムです。

 

 

さて、そして最後に、

また、もう一皿ご飯を食べて、会場を後にしました(笑顔)

 

「君は何しにいったんだ? 飯食いに行ったのか!?」と 怒られてしまいそうです。

それもこれも渋滞の・・・

 

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。

電気工事のご要望がありましたら、

ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

何気ないひととき

2018-05-10

「ブログが長いよ」とよく言われるので、

今日のブログはちょっと短めに。

 

事務所近くの用水路、

ふと見ると 大きな鯉がいました。

 

 

幅70cm程度の用水なのに

こんなに大きくなるまで育つんだなぁ・・・と眺めていました。

 

写真を撮ろうと鯉を追いかけていると、

次から次へと別の大きな鯉が!

 

40cm程の鯉が6匹もいました。

 

ほんと、こんなところでも育つんですね。

事務所の周りは田んぼが多いのですが、そんな環境だから出会えた

何気ないひとときでした。

 

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯からエアコン取付工事まで、

店舗様・企業様向けの様々な電気工事をお受けしています。

照明のLED化、エアコンの新設や交換をお考えでしたら、

ぜひ櫛田電工へご相談下さい。

 

粉祭2018

2018-04-22

今年もやってまいりました。

 

毎年春に愛知県一宮市で開催される「粉祭(こなさい)」!!

 

今年も櫛田電工はボランティア参加させていただきました。

 

今年は、あいにく他の現場とかぶってしまい、参加させていただいたのは1人だけでしたが、

ちゃんと、発電環境を収めることができました。

できれば休憩などの交代ができるように、2人以上で参加したいところでしたが、どうしても1人しか空けられませんでした・・・

 

結局、休憩などは他のボランティアさんに助けてもらって

取ることができましたが、皆さんご協力下さって本当にありがとうございました。

粉祭のボランティアの皆さんは、いつも思いますが、ほんといい人たちばかりです。

 

さて、今年の発電機構成ですが、

今年は、

中型と、中型+α(容量)の2台です。

 

去年は小型を含んだ2台でしたが、今年は現場で必要になりそうだったので、

ポータブルの小型発電機は置いてきました。

 

去年の経験から、中型で、一日燃料タンク3/4のガソリンが必要になります。

中型+α(容量)は、もう少し燃費が悪いので、1日持つかどうか心配でしたが、

最終的に、

中型がタンク半分、

中型+α(容量)は3/4の燃料で済みました。

 

発電容量も 稼働時間も、余裕でしたね(笑顔)

 

待機用椅子が映ってますが、結局ほとんど座ってないです・・・

 

 

さて、会場はというと・・・

午後1時ぐらいの写真しかありません・・・

それまで、発電機から離れられなかったりで、すみません。

 

 

午後1時ともなると、少し来場者さまも少なくなってきています。

 

 

有名所のお店がお昼ごろには売り切れになってるのもありますが、

今日は朝から、なんだか去年よりも会場の案内がスムーズです。

運営のいろんな改善策が効果を出してるようです。よかった。

 

 

そして、午後のこの時間は、実は「まったりタイム」だったりします。

 

 

優しい音楽を聞きながら、ピクニックシートやベンチでまったりと。

 

あぁぁ、寝っ転がって昼寝がしたい。

 

 

あっ、そうそう、

今年は、駐車禁止場所への駐車がほとんどありませんでした。

目を離した間に止められた車など多少ありましたが、

去年よりは駐車場の案内も、駐禁場所のお声掛けも断然減りました。

今年は、駐禁場所に赤いカラーコーンを置いたのが良かったようです。

運営も、毎回の反省点を次回に活かして、どんどん過ごしやすい会場づくりをしています。今年は目に見えて感じられました。

 

毎年ですが、警察の方が駐車禁止を見に廻って来られます。

できるだけ、警察に切符を切られないように、気付ける範囲ではボランティアから先にお声掛けしてますが、それでも少し離れた間にとか、いつの間にか、駐禁場所に駐車されてることがあります。

 

会場の周りは、直線のところは ほとんど駐車可能なのですが、

①交差点内とそこから5m以内は駐禁ですし、

②道路の右側になる向きでの駐車も禁止です。

それと、

③駐車場の出入り口から3m以内も停められません。

他にも違反になる場所はありますが、

毎年、この3つの違反がとても多いです。

①と②はカラーコーンの設置で激減しましたが、

③はボランティアの立ち位置から遠くの方でされちゃうと、全然気付きません。

「気付きません」というより、「気付けません」。

①と②もわざわざカラーコンを移動させたり、倒したりして停められる方も・・・

 

来場者さまには、会場にお越しになって楽しんで、

そして、気持ちよく帰って頂きたいので、駐禁で切符を切られるとか、できる限り無くしたいと思っています。

 

今一度、駐車禁止場所の再確認をお願いします。

 

それでは、ここでクイズです。

↓この写真、「駐車可能な場所はどこでしょう?」

 

 

 

↓ ↓ 答え ↓ ↓

 

奥の青い部分だけです。

1、交差点とそこから5m以内は駐禁。

2、歩道がある場合は、歩道に乗り上げての駐車は禁止。

3、駐車場の出入り口から3m以内は駐禁。

4、駐停車の方法として、できる限り道路の左側端に停めなければならないのと、他の交通を妨害しないように駐車しなければならないので停められません。

5、他人の敷地なので、無断で入ると不法侵入になってしまいますので要注意です。

4があるので、進む方向に対して、道の右側に停車するのもアウトです。

 

愛知県警察のホームページに「駐車許可できない場所について」のページが用意されていますので、

よろしければ再確認のためにも、ご覧頂ければと思います。

コチラ

 

粉祭運営はより多くの来場者さまにお越し頂けるように、駐車場をご用意しています。

お車で会場へお越しになる際は、あらかじめその年の粉祭の案内にて、駐車場をご確認ください。

 

 

櫛田電工は、お客様の要望に合わせた工事を行うことができます。

「普通とちょっと違うところがあるけどできるのかな?」などありましたら、

ぜひ櫛田電工へご相談ください。

お客様のニーズに合わせた最善の方法を提案させて頂きます。

 

パソコン用ディスプレイ修理

2018-03-03

櫛田電工が発足して、早5年。

 

発足当初は新品のパソコンを購入できる程の余裕もなく、中古の機器で揃えていました。

 

それを5年も使っていれば故障もするわけで、

今回は、ディスプレイ(モニター)の調子が悪くなってしまいました。

 

症状は、「画面半分の色がおかしい。」とのこと。

(写真撮るの忘れました)

 

見てみれば確かに。丁度画面半分の色がおかしい・・・

 

しょうがないですね、もう10年前のディスプレイですからね。

 

 

櫛田電工は電気工事屋ですが、実は家電を修理する技術を持った人材もいます。

こういった高度な技術を持った人は、もう「人材」というより「人財」です。

 

普段は、このような修理はお請けしていませんが、自分のところの機器なので、自社で直してみることにしました。

 

修理担当へ、話をしてみると・・・

「う~ん、経年劣化でこういった症状が出るのはあそこかなー?」と言ったきり、数日・・・

 

気付いたら、修理するための材料(電子部品)を買い揃えていました。

 

そして、なにやら机の上に広げだしています。

 

ディスプレイの裏蓋をパキパキを音を立てながら、パカっと開けます。

中身は大きく分けて、液晶パネルと制御機械部分?

制御機械部分は、驚いたことにアルミテープで止めてるだけでした(驚)

 

 

そして、制御機械部分も丁寧に剥がし、基盤をむき出しにしています。

 

 

買ってきてる電子部品を見ると、どうやらこの基盤を直していくつもりのようです。

 

いろいろな大きさの部品がある中で、買ってきた部品の数を考えると、

もう既に一度中を確認して、修理箇所を特定していたようです。

 

そして、半田ごてを使って、部品を交換していきます。

 

なにやら同じような部品をいくつも取り替えています。

 

一通り交換が終わったところで、今度はテスターを取り出して、いろいろチェックしています。

 

特に問題無かったのか、

バラバラになったディスプレイを組み直していきます。

 

ある程度組み直したところで、パソコンと繋いで確認するようです。

 

すべて元通りに組まないのは、「念の為」だそうです。

もし、画面が綺麗に表示されなかったときに、すぐにチェックし直せるようにとのこと。

 

 

さて、

 

画面の表示はどうでしょうか?

 

ちょっとワクワクします。

 

・・・

 

 

 

おおぉっ!

 

綺麗に表示されました!

 

いい感じです。

 

若干、輝度も上がったような気がします(気のせいかな?)。

 

修理したくれたディスプレイ、まだまだ使えます。

ありがとうございます。

 

 

・・・

えっ?

画面に映ってるもの?

仕事中に何調べてるんだって?

 

すみません。

取引先の担当者さんがミニ四駆をやってるって話を聞いて、ちょっと興味が湧きまして・・・

 

MAシャーシか、MSシャーシか、どちらにしようか迷ってまして・・・

 

だって・・・

世代的に、ミニ四駆全盛期に子供時代を過ごしましたから!

 

気になるものは、気になります(笑)

 

櫛田電工は、経営理念『「そんなことまで」と感動を与えたい』を掲げています。

コネクター一つでも、可能な限りお客様がより満足して頂けるように、

お客様の要望に合わせ、最善を尽くします。

 

表彰状を頂戴しました

2017-07-10

この度、日頃お世話になっていますお客様より、表彰状を頂戴いたしました。心より光栄に存じます。

 

これまで、一つ一つの業務に対し 只々お客様のお力になれればと社員一同 無我夢中で取り組んできたことが認められたような気がし、また それが形になって現れたこと、誠に感激に耐えません。

この様な表彰を頂戴することができたのは、お客様、そして 諸先輩方のご指導の賜でございます。感謝の言葉もござません。

 

これからも、社員一同よりいっそう努力をいたす覚悟でございますので、変わらぬご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

 

櫛田電工 代表 櫛田健一

 

(画像には複製等防止のため一部加工をしています)

 

牧歌の里に行ってきました

2017-06-14

先日、いつもお世話になっている方と一緒に牧歌の里に行ってきました。

高原なだけに、まだ肌寒さが残っていましたが、綺麗な花が咲いていました。

 

花言葉「あなたを大切にします」が今日の趣旨にピッタリの「アヤメ」。

 

まだ蕾のものが多いですが、それでも綺麗なピンク色で目を惹く「タニウツギ」。

 

天ぷらにして食べたら美味しそうな「ヨモギ」。

 

遠くを見れば、日本三名山のひとつ「白山」も見ることができました。

まだ雪が残っていますが、登山シーズンになったら登りに行きたいですね。

 

それと、もうひとつ。

牧歌の里でまったりしてたら、こんなものが!

最近ニュースなんかで目にする機会が増えてきたマリオカート?

レーシングカートに公道を走れるようにいろいろ付けたものみたいです。

 

5台ぐらい連なって走ってきたので写メってしまいました。

 

ちなみにこれ、うちの専務が欲しがってます。

実物を見ると意外と大きいですね、サーキットで走ってるカートはもっと小さかったような気がします、脇にエンジン積んだタイプだったかな?

 

そっちでも、保安部品を付けて公道走れるようになるならそっちがいいな。

速そうだし。

 

あっ、

法定速度は ちゃんと守ります!当然です!

 

異業種交流会2017

2017-06-08

異業種交流会に参加してきました。

 

いつも懇意にさせて頂いてる業者さまからのご紹介で参加できる交流会。

名のある業者様なだけに、素性が安心な会社が参加されています。

 

様々な業種の方々がいらっしゃって、全てとまではいかなかったのですが、時間の許すかぎりご挨拶させて頂きました。

 

また、パンフレットを置くことができるスペースも用意されていました。

私共も用意していたパンフレットを置かせて頂きました。

一社でも多くの会社様に手に取って頂き、頭の片隅に入れてもらえることができたら幸いです。

 

ちなみに、会場は立食パーティ形式。 とても美味しかったです。

 

他の業種の方々の頑張っているお話を聞き、
「私共も負けないように、これからも頑張ろう!」と、初心にかえることができました。

 

お招き下さった業者様、

そして、お話させて頂いた皆様、

有意義な時間を下さり、ありがとうございました。

 

 

櫛田電工は、お困りのお客様の元へ即駆けつけ。 現場職人の豊富な経験によって、不具合箇所の早急な発見や、応急的な処置も可能です。 電気が通るものなら何でも、お困りごとがあれば、櫛田電工へご相談ください。

 

ありがとうございます

2017-05-02

先日の弊社事務所移転にあたり、

たくさんのご祝詞とお祝いの品を頂戴いたしましたこと、厚く御礼申し上げます。

 

こんなに多くの方々に支えられて今があるということを再認識しております。

 

これを機に、社員一同より一層の努力をしていく覚悟でおりますので、

どうか今後とも倍旧のご支援を賜ります様お願い申し上げます。

 

櫛田電工 櫛田健一

 

 

粉祭2017

2017-04-23

今年も粉祭(こなさい)へボランティア参加してきました。

 

粉祭は、愛知県一宮市の せんい団地で毎年春に開催されているお祭りで、

「市場」とか「マルシェ」と言った方が近い感じです。

 

一宮市をはじめ、名古屋からも人気のお店が出店し、来場者さまも年々増えています。

 

私共 櫛田電工は、場内の生演奏用の電源確保として、発電機を用意させていただきました。

 

今回持ち込んだ発電機は3台。

ポータブル、

中型、

中型+α容量(バックアップ用)。

 

去年と同じく、特に問題も起こらず、ポータブルと中型のみで安定稼働しました。

 

 

さて、会場の方はというと・・・

 

今年は天気に恵まれ、来場者も多く、

お店には長い行列ができています。

 

 

それと同時に、ボランティアも大忙しとなるわけですが・・・

はい、とっても大忙しでした(笑顔)

 

 

 

 

でも、いいんです。

 

来場して下さった皆さんに楽しんで頂ければ、それだけで十分!

 

 

今年も、一日があっという間に過ぎてしまいました。

会場は15時で本格的な片付けが始まります。

人気のお店は、売り切れて、それよりも早い場合もありますが、

売り切れになった店主さま達も、会場で楽しんでいらっしゃる様でした。

 

 

そして、片付けも完了。

 

よくある話ですが、

「来たときよりも、綺麗にして帰る。」

私達 運営陣は、いつも、それを実践しています。

 

また来年ではありますが、

一人でも多くの方に粉祭で楽しんで頂ければと思います。

 

 

櫛田電工は、お客様の要望に合わせた工事を行うことができます。

「普通とちょっと違うところがあるけどできるのかな?」などありましたら、

ぜひ櫛田電工へご相談ください。

お客様のニーズに合わせた最善の方法を提案させて頂きます。

 

新事務所リフォーム中です

2017-04-18

人数も増え、現在の事務所では、どうも手狭になってきました。

 

そこで、

 

思い切って事務所を移転することにしました!

 

とはいえ、あまり湯水の如くお金を使えるわけもないので、

 

賃貸物件を自分たちでリフォームして、新事務所を作っていきます。

 

ただ・・・

 

5月に移転完了を目指してはいるのですが、

 

物件の鍵を借りれたのが、その約1ヶ月前で、残り2週間弱・・・

 

はてさて、オープン迄に事務所の作り込みは間に合うのでしょうか・・・(汗)

 

ちなみに、現在の状況はこんな感じです。

 

 

事務所の外観。元々酒屋さんだったらしく、見た目はコンビニっぽいです。

 

中には元々冷蔵庫だった頑丈な部屋があります。

 

 

みんな新事務所作りをしてくれているので、既に拠点はこちらに移っています。

 

なので、予定表は真っ先に新事務所に持ってきました。

 

 

ちなみに、今回の事業規模拡大に伴い、増員を考えています。

 

人事担当と面接会場は、これまでの事務所になってます。

 

さすがに、工具や材料で散らかってる場所で面接なんて失礼ですものね。

 

 

こちらは通信部の部屋です。

 

北部屋ですが、窓が大きいので、冬は寒く、夏は暑くなることが予想されます。

 

ちょっと大きめエアコンを取り付けておきました。

 

 

櫛田電工ではエアコンの取付工事もしています。

 

この他にルームエアコン2台と、業務用エアコン1台を新事務所に取付予定です。

 

 

うーん・・・

 

なぜか皆から不評なジャングル柄の壁・・・

 

私はいいと思うのですが、どうですか?

 

 

こちらは、シマウマ柄。

 

この壁を見るとフワフワな壁と錯覚してしまい、誰もが壁に触っていきます。

 

でも、触ってみると、実はザラザ・r・・・ あっ、触ってからのお楽しみです(笑)

 

 

そして最後に、自動販売機!

 

敷地内にあるので、すぐに買いに行ける!

 

これ、夏場熱中症対策にとても助かります! てゆうか、助かってます!

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯からエアコン取付工事まで、

店舗様・企業様向けの様々な電気工事をお受けしています。

照明のLED化、エアコンの新設や交換をお考えでしたら、

ぜひ櫛田電工へご相談下さい。

水出しコーヒー美味しかった

2017-03-14

そろそろ『粉祭』の季節が近づいてきました。

去年もお手伝いさせて頂いた粉祭、→詳しくはこちら

一宮市 せんい団地で開催され、今年は4月23日に開かれます。

 

その関係でお伺いさせて頂いたのが、水出しコーヒーで有名な『MAGNI’S』さん

事前にうちの従業員に聞いてみたところ、「美味しかったよー」「あのコーヒーは一回は飲んでおいた方がいい」と、

べた褒めの言葉が返ってきました。

 

そんなに凄いのか!?

と胸膨らませて打合せに現地へ。

 

場所は、ホテルステイションインナゴヤの1F入口の横です。

名古屋駅からだと、桜通口を出て信号を渡り、

大名古屋ビルヂングの東の道を左(北)に曲がって5分ぐらいのところの右手にあります。

ワーゲンバスで販売してるのですぐにわかりました。

 

お店は雰囲気も良くて、お店のお兄さん(店長さん)も 気さくで雰囲気のいい方です。

 

 

挨拶を交わして、早速打合せ・・・、

の前に、腹ごしらえ。

 

 

暖かいコーヒーとホットドッグを注文し、ペロリとたいらげます。

コーヒーの美味しさは聞いていましたが、軽食も美味しい。

 

 

と、食事の話しが先行してしまいましたが、

この後ちゃんと打合せもしてきました。

 

快く写真を撮らせてくださったこと、打合せにお付き合い下さったこと、

MAGNI’S 店長さま ありがとうございました。

 

皆様も近くにお立ち寄りの際は ぜひ足を運んでみて下さい。オススメです!

 

虹が出ていました

2016-11-25

dscf2011

 

休憩時間に外に出てみたら、虹が出ていました。

 

わたくし、実に20年ぶりに見ました。

ちょっと幸せ感じました。

 

このブログを見て頂いた皆様も、

幸せが訪れますように。

 
櫛田電工は、経営理念『「そんなことまで」と感動を与えたい』を掲げています。 コネクター一つでも、可能な限りお客様がより満足して頂けるように、お客様の要望に合わせ、最善を尽くします。

LANケーブルの端子

2016-05-09

DSC_0019

 

今日は新人O君のお話です。

天候の都合で急に予定が空いてしまったO君、今日は代表にいろいろ教えてもらってます。

 

そんな中のひとつとして、「LANケーブルの端子作りの練習」をしました。

 

ここ数ヶ月、専属の先輩社員に着いて、主に強電関係の業務を現場で教えてもらっていましたが、

手の空いたこの機会に、弱電に挑戦してもらいます。

 

ちなみに、皆さんはLANケーブル、どうしていますか?

おそらく、家電屋さんでメートル単位の既成品を買ってお使いかと思います。

私達 電気工事店では、LANケーブルをお客様の屋内環境に合わせて最適な長さで切り出してLAN配線を構築・提供しています。

 

そんな時に出てくるのが「端子作り」という工程。

切り出したLANケーブルの両端を加工して端子を取り付けます。

切り揃えが曲がっていたり圧着が弱かったりすると信号が伝わらなかったり、外の皮の剥く量が多いとスッポ抜けたり、

単純な構造で出来上がってる端子ですが、単純なだけに、繊細さとコツが必要となる工程となります。

大きな現場では、これを何百個と作ることもあります。

 

そんな現場でミス無く作業するには、やはり、経験の積み重ね。

 

O君も何個か端子を作ったあとは、その中でも特に重要な「ケーブルの先端の加工」を何度も練習していました。

写真は、そんな練習の終盤に出来上がった沢山のLANケーブルの先端です。

(端子を取り付ける直前のケーブルの先端の状態はこんな感じです。)

 

黙々とLANケーブルの先端加工の練習をしていたO君。

腕を磨こうと頑張ってる姿はいいものです。(写真撮っておけばよかった・・・)

 

そんなO君には昼休憩をとってもらった後は、

次はエアコン取り付けの現場調査&工事に同行してもらいました。

 

櫛田電工は【強電】も【弱電】もできるので、覚えることはいっぱいです。

そして、それを覚えていけば、より多くの現場で活躍できる職人になってもらえると思います。

ガンバレ!!

地域活動に参加しました

2016-04-23

一宮市 せんい団地で毎年春先に開かれてる『粉祭』に、私共 櫛田電工も裏方として参加させて頂きました。

 

DSC_0001_s

会場はせんい団地の真ん中の大きな公園「さかえ公園」。

 

当日の朝は、天気が荒れ模様で、雨も風も強く、開催が危ぶまれましたが、開場を1時間遅らせることで、皆さんがお越しになる頃には朝の嵐が嘘のようにすっかり晴れて、とても良い天気の中 開催されました。

 

DSC_0006_s

DSC_0005_s

地域のテレビ番組などで紹介される有名なお店が出店されたりして、いたるところで長蛇の列ができて大賑わい。

 

DSC_0004_s

開場にはライブ開場もあり、皆さん、心地良い音楽を聴きながらお店を散策したり、開場で見かけたお友達とお話したりと、楽しいひとときを過ごされていました。

 

DSC_0003_s

ちなみに私共は、ライブ会場の電源管理と、お店のテント設営のお手伝いをさせて頂きました。

 

店舗様から喜んで頂けたり、来場された方達の笑顔を見ることができたり、いつも現場で頑張ってる職人さんも遊びに来てリフレッシュして帰って行かれたりと、

皆さんのお力になれたこと、そして、私共の仲間の息抜きにもなったこと、とても有意義な1日となりました。

 

今回、粉祭へのお手伝いのお話を下さった mercato様には感謝の言葉しかありません。

お声をかけて頂き、本当にありがとうございました。

 

また来年も、お手伝いさせて頂ければと思います。

 

おしゃれな雑貨屋さん 『mercato メルカート』

 

DSC_0010_s

個人的な感想ですが、店長さんはじめ店員さんも人当たりが良く親しみやすいお店です。

先日も、打合せに行った際に。

ショルダーベルトの付いたトートバッグに一目惚れして買っちゃいました。

お店の雰囲気も商品ラインナップもいいお店だと思います。

もしよろしければ一度行ってみてください。

ちょくちょく雑貨屋めぐりをしてる私ですが、仕事のお付き合い抜きでオススメの雑貨屋さんの1つです。

 

場所は『粉祭』の開場となった公園の、道を挟んだ東側。

エディオン一宮本店(国道22号沿い)の東の交差点 緑5丁目交差点を南に進み、北から向かうと、店内から光がこぼれる雑貨屋さんが右手に見えてきます。DSC_0009_s

 

牛野通りの せんい1丁目交差点を北へ進み、南から向かうと、公園を過ぎてすぐに、左手に見えてきます。DSC_0008_s

近くに寄られたら、お時間があれば行ってみてください。

ちなみに店長は粉祭を企画した人達の1人だそうです。

 

※写真は、プライバシー保護のため一部加工をしています。

※九州での地震のこともあり、少し間を置いてのご報告とさせて頂いております。

 

熊本地震で被災された皆様へ

2016-04-17

この度熊本県および周辺各地を震源とする地震により被災されたみなさまに、
心からお見舞い申し上げます。 1日も早い復旧とみなさまのご健康を
従業員一同お祈りいたしております。

期待の新星

2015-11-16

今日から櫛田電工に新しいメンバーが加わりました。

 

櫛田電工には、電気工事とITの二本の柱がありますが、

今回加わってくれたのは電気工事のメンバー。

 

面接のときから受け答えが丁寧で人柄が良く、ぜひ一緒に働きたいと思わせた人物だった通り、初出勤しても変わらずの丁寧な受け答え。

ほんと採用して良かったです。

 

まだ電気工事士の免許などは持っていませんが、必要な免許は一つづつ取っていってもらえればいいので、大切に育て一人前の電工になってもらいたいです。

 

もちろん、その為のサポートは先輩たちが丁寧に教えたり、試験料や講習費用も全面的に会社がバックアップしていきます。

 

一宮市 リフォームと電気工事

2015-11-10

久しぶりの投稿です。

3ヶ月ちょっとぶりですね。

おかげさまで多くの電気工事のご依頼を頂戴して、なかなか投稿できませんでした。

 

そして、さらに忙しくなる12月を前にして、そろそろ投稿しておいたほうが・・・

などと考えての投稿だったりします。

 

 

さて今回は、10月に行ったリフォーム工事についての投稿です。

櫛田電工は電気工事だけでなく、一緒にリフォームも承っています。

 

こちらの案件は、しばらく使ってなかった家屋の2階の一室のリフォーム。

天井の張替えと、床下からの電線を天井照明と、もう一つ壁用扇風機などに使える高い位置のコンセントを増設しました。

その様子がこちらです。

 

IMG_0199

天井を剥がし、

 

IMG_0204

床に開口を開け、電線を引き回します。

 

IMG_0214

天井の照明位置に電線を下ろします。

 

IMG_0218

天井断熱を敷き詰め、

 

IMG_0225

天井を張ります。

 

IMG_0229

エアコンはもちろん、

 

IMG_0228

部屋中に空気を循環させるのに便利な扇風機用のコンセント。

壁用なら足元の扇風機が邪魔なんてこともありません。

 

IMG_0230

天井照明を取り付ける天井シーリングを取り付けて完成です。

もちろん、綺麗に掃除して完成です。

 

櫛田電工のワンストップ工事は、複数の業者で工事するより工事費を抑えることができます。

リフォームのとき電気工事も一緒にされるのでしたら、ぜひ櫛田電工へご相談下さい。

癒されてます♪

2015-07-27

こんにちは

今日は、ちょっとしたお話です。

この暑い中、職人さん達を癒してくれているのが、

事務所で飼っている「メダカ」達なのです。

 

DSCF5086

 

水の中をスイスイと泳ぐメダカを眺めていると、明日も頑張ろうと活力が湧いてきます。

ところで、このメダカさんたちですが

事務所の近くにある、「グリーンベール」さんと言う、

めだか屋さんで購入してきました!(^^)!

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0003

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0001

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0002

 

お店は、こんな感じです。

ちなみに、場所はここです。

名称未設定 - 1

 

お店では、数万匹のメダカたちが

種類ごとに手入れされ展示販売されています。

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0127

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0131

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0135

 

水槽を覗いてみると・・・

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0163

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0056

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0112

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0317

 

ここの「グリーンベール」さんは、メダカの専門店だけあって、

なかには、なかなか手に入らない種類のメダカも

元気に泳いでいます。

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0157

 

20150724_グリーンベール_メダカ_0019

 

20150724_グリーンベール_メダカ_0169

 

20150724_グリーンベール_メダカ_0288

 

20150724_グリーンベール_メダカ_0297

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0051

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0039

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0299

 

こんな、珍しいメダカをぜひぜひ、

皆さんも見に行ってあげてくださいね(^^♪

 

ブログを読んでいただいている皆さんに、

ここだけの話をしちゃいます!(^^)!

 

この「グリーンベール」さんは、

何とメダカの繁殖から手掛けている

すっごいお店なんです。

 

これ、わかりますか???

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0138

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0174

 

なんと、これ「めだかのたまご」なんです(^^♪

僕も、初めて見ました

こうやって、たまごから一匹ずつ大切に育てているんです。

 

お店のお父さんとお母さんの愛情それに、お日様の光を

をいっぱい受けて

元気な子が、今日もいっぱい育っています。

 

20150724_hishi_グリーンベール_メダカ_0403

 

赤ちゃんの用の飼育箱 これ、お父さんの手作りなんです。

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0012

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0430

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0638

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0639

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0643

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0648

 

ここの水槽もちゃんと種類ごとに区分けされて、丁寧に育てられて

元気な子がいっぱいいます。

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0364

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0367

 

20150724_taka_グリーンベール_メダカ_0650

 

 

長くなってしまいましたが、

いつも、僕はもちろん、職人さんたちも

利用している、「グリーンベール」さんは

メダカに愛情と情熱を注いで

丁寧に育ててから販売している

すごい、お店です。

 

遠くても、近くても、

一度は、足を運んで見てください。

 

きっと、素晴らしい出会いがあるはずです。

 

 

エアコン電線「ねじり接続」は危険…発火の恐れ

2015-07-23

ねじり

インターネットのニュース記事を見ていたら、気になるニュースがあったので、皆さんにお知らせです。

【Yahoo!ニュース 読売新聞(ヨミウリオンライン)2015/7/20】

エアコンを利用する際、電線の芯同士を直接結びつける「ねじり接続」など不適切な接続をして、火災を引き起こす事例が相次いでいる。

独立行政法人・製品評価技術基盤機構()が注意を呼びかけている。

同機構によると、エアコンの火災を伴う事故は、2009~13年度の5年間に272件報告され、うち死亡が3人、重軽傷は8人。原因別では、「電源コードの改造や不適切な修理・接続」が最多の35件だった。

エアコンは、他の家電より大きな電流が流れるため、電源プラグを専用のコンセントに直接差し込む。だが、引っ越し先でコンセントにコードが届かないといった場合などで、他のコードとねじり接続をするケースがある。また、通常の延長コードを使うと、エアコン起動時にコードの容量を超える電流が流れてしまう場合がある。これらにより、接続部分が異常発熱し、火災につながる。

東京都では12年8月、エアコンのねじり接続が原因で出火し、周囲を焼いた。石川県では14年1月、延長コードが原因とみられる住宅火災で、70代女性が亡くなった。

同機構は「ねじり接続は絶対に行わず、延長コードも使わないでほしい。コードがコンセントに届かない場合は、業者に配線を依頼して」と話す。

また、扇風機についても、09~13年度で101件の火災事故が発生。長期使用に伴う絶縁体の劣化や断線などが、原因の半数を占めた。同機構は、10年以上使用している機種は就寝時や人のいない場所で使わないよう呼びかけている。

こんなことが、書いてありました。

梅雨明けも発表されて、本格的な夏が近づいています。エアコンを使用される前に、ちょっとだけ注意して見てみてください。

もし、この記事や、写真のようなことになっていたときは、

迷わず、櫛田電工にご相談くださいね。

エアコン取り付け工事 大盛況

2015-07-13

IMG_1031

 

夏の暑さが本格的に始まってきましたね。

 

櫛田電工の事務所は外壁が厚くて風も入ってくるので、あまりクーラーを使わなくても扇風機で済んでしまっていますが、

 

一般的なご家庭やマンションとなると、この暑さはたまらないと思います。

私も夕方帰ってからとか日曜日に家にいるとクーラーが無いとグダ~としてしまいます。

 

今年の夏は、暑くなり始めたのが早かったのもあり?数週間前から数多くのエアコンの取り付け工事を受注させて頂いています。

 

中古買取りショップ様を通しての受注なのですが、1日 1~2件のペースです。

ショップ様も仕入れてすぐに売れてしまう状況だそうです。

「クリーニングが間に合わない」なんて嬉しい悲鳴をあげていました。

(間に合わないと言いつつ、ちゃんとクリーニングはしてました)

 

そんなひっきり無しのエアコン取付工事、職人さん達も仕事に追われてブログ用の写真を撮り忘れてしまうんですね。

ようやく写真が撮れたので、ブログにアップします。

 

写真の工事は、窓用エアコンの取り付け工事の風景です。

 

ちなみに、窓用エアコンは電気工事無しで取り付けできる場合が多いです。

窓用エアコンを取り付けたい場所の近くにコンセントが無かったりして、お客様が延長コードではなく、コンセントの増設をご希望された場合、電気工事が必要になります。

電気工事が必要かどうかは、現場に行って状況を確認したり、お客様のご希望を聞いてみないとわからないところがあります。

こちらのお客様の場合も電気工事は必要ありませんでしたので、取り付け工事部分のみ行わせて頂きました。

 

 

さて、工事風景の方に戻りまして、

 

窓枠に合わせて、エアコン取り付け枠を設置してエアコンを取り付けます。

 

IMG_1025

 

そして、エアコン本体の取り付け。

 

IMG_1031

 

取り付け場所は、お客様のご希望はもちろん、コンセントの位置やドレインの流し先を考慮しつつ、お客様と相談して決めます。

 

もしコンセントが近くにない場合や、200Vのコンセントが必要になる場合は、エアコンの近くまでコンセントを引いたり、別途工事が必要になる場合があります。

 

ちなみに、窓用エアコンを取り付けると、その窓の今まで使ってた鍵(クレセント錠)が使えなくなってしまいます。

鍵は、ホームセンターなどで売ってる、「ウインドロック」や「サッシ シマリ(窓用補助錠)」を取り付けることになります。

 

こちらの鍵の取り付けにつきましても、別料金とはなりますが、取付工事を承っていますので、お気軽にご相談下さい。

窓の形状に合わせて最適な鍵を選定して取り付けさせて頂きます。

 

大府市 防犯センサー交換工事

2015-07-11

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

※下請けとして頂いた工事となります。

 

大府市の 某リサイクル施設にて、セキュリティセンサーの交換及び新規・取り付け工事+αをさせて頂きました。

 

現場は操業中で、運び込まれたゴミを分別して、大きな装置で四角く固めたり、フォークリフトで運んだりしています。

 

センサーは、窓の高い位置にあるので、9尺程の大きな脚立を持ち運びながら作業を進めるのですが、動線は確保されていないので操業中のお客様の作業範囲の中を移動することになります。

迷惑がかからないように、細心の注意を払って、移動しました。

 

作業は、窓に付いたセンサーの交換。

古いセンサーを撤去しながら、新しいセンサーを取り付けていきました。

 

早々にセンサーの交換が終わりました。

元請け様も、予定よりも早く作業が済んでしまったようです。

他の作業も頂くことになりました。

建屋から監視カメラへのケーブル敷設です。

段取りをすると聞いてましたが、先に作業を始めた櫛田電工の経験年数の長い職人さんが話をつけたのか、合流して作業をしてみれば、終業までにはケーブル敷設が終わっていました。

仲間の職人なので、このような公のブログで言ってしまうのは手前味噌なところもありますが、見立て段取りも良い、まさに手の速い職人です。

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。
弱電工事はもちろん、強電工事もお受けしています。

電気工事のご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

名古屋市中村区 電気設備 配管工事

2015-07-10

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

※下請けとして頂いた工事となります。

 

某水処理施設にて、電灯等の配管工事のお手伝いをさせて頂きました。

 

塩ビ管やフレキなどを使った配管で、ラック下や壁への配管設置です。

 

施設が水処理施設ということもあり、強い臭いはありましたがマスクをしてれば結構へっちゃらです。

 

また、大型の設備もあり、緊急停止用のワイヤーが張ってあったりして、触ってはいけない所も各所にあります。

脚立や工具の取り回しはもちろん、自分自身の位置と周りの設備との距離にも気配りが必要な現場でした。

 

1人専属で職人を配置し、もう一人空いた職人さんや外注さんにお願いして、1~2人体制でお手伝いさせて頂いています。

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。信頼できる協力業者さんとお付き合いしていますので、急なご依頼にもある程度は対応可能です。電気工事のご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

静岡県浜松市 太陽光パネル設置調整

2015-06-26

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

静岡県浜松市 とある小規模太陽光発電所にて、太陽光パネルの設置調整をさせて頂きました。

※下請けとして頂いた工事となります。

 

工事の内容は、すでに設置されている太陽光パネルのパネル間の隙間を統一して、並びを綺麗にするというものです。

(最初にパネルを設置したのは、櫛田電工ではありません。)

 

現場に到着して、担当者様から説明を頂くと、確かに一枚一枚のパネルがてんでばらばら斜めに設置されていて、パネルの並びが美しくありません。

 

下から見上げると、パネル同士の隙間から空の青色が見えるのですが、それが見えていたり、見えなかったり。

 

早速、全体の長さとパネル1枚の長さから、隙間の幅を算出します。

その幅を基に即席の治具を作成し、パネルの間隔を揃えていきます。

 

二人一組で丁寧に揃えていくのですが、パネル一枚一枚の個体差によって、完全にピッタリにはならないんです・・・

パネル自体が微妙に菱型になっていたりすると、一片で合わせると、隣の辺がズレてしまう。

パネルの歪みを治せるところは直すのですが、それでもなんともならないところは、その一帯だけ幅を見直し、全体的に綺麗になるように微調整を加えます。

ミリ単位の仕事です。

 

数日後、全てのパネルの位置の調整が終わりました。

 

写真をお見せできないのが残念なのですが、

とても綺麗な並びになりました。

パネルの下から見上げると、空の青いラインが綺麗に通っています。

 

やっぱり、丁寧な仕事でできあがったものは、完成した時に気持ちいいですね。

 

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。電気工事のご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

追記:

下から見上げたところのイメージ画像作りました。

こんな感じに綺麗になりました。

青色が空で、灰色の四角が太陽光パネルです。

20150626

(櫛田電工の透かし文字が変なところに入ってしまいましたが、櫛田電工で調整した結果は右側です。)

 

で、なぜイメージ画像作ったか?

やっぱり、綺麗になったところ、少しでも見て欲しかったので、ちょちょいと作ってしまいました (^^;

 

展示会や交流会など

2015-06-10

今日は朝から夜までみっちりスケジュールが詰まった日です。

スケジュールといっても、納品から始まり、展示会、安全の為の会議、交流会と、ほとんどが代表としての業務です。

 

そんな中で、交流会でのお話です。

 

今日は、勉強のために通信部のH君も同行していました。

普段は1日中パソコン前で仕事していて、たまに現場の手伝いをしてもらってるので、営業経験が全くありません。

なので、勉強のため「好きな所に営業かけてみなさい」と振ったところ、真っ先に向かったのが、愛知県岡崎市にあるプロテクタさんでした。

カーセキュリティからホームセキュリティ、それに社長の趣味のグッズの輸入販売もしている会社です。

 

会場にあったパンフレットを見て監視カメラを取り扱ってる事を知り、セキュリティのシステム作り(自社開発)に興味があったので話を聞きに行ったそうです。

 

午前中に行った展示会も、セキュリティー機器の展示会で、

頭の中はシステムをどうやって組むか、何を使うかでいっぱいだったみたいです。

 

そんなH君を見ていたら、なにやら、タイヤの付いたものに乗り出しました。

やけに腰が引けてますが、先方の営業さんに支えられて、なんとか乗れたようです。

これは、H君がお伺いした会社で輸入販売している「電動二輪スケーター ツイスターE」という電動のスケート。

左右の足の傾きで、左右のタイヤを操作し、前後移動・回転ができるグッズです。

 

恐る恐る乗ってる姿、思わず写真を撮ってしまいました。

IMG_0024_mod

 

ひとしきり遊んだのか?ニコニコしながら戻ってきたH君、

第一声は「むっちゃ面白かったよ!あれ買ってよ。買ってくれなくても自分で買うわ。」でした。

「もっとうまく乗れるようになってスイスイ乗りたいわー」と、

かなり面白かったみたいです。

 

 

念のため、どのような話をしてきたか聞くと、

扱ってる商品の話を聞いたのと、スケートに乗せてもらって戻ってきたとのこと。

聞いた話の中で、櫛田電工でもお力になれそうな部分があったので、「こういうところアピールするんだよ」とヒントを与えたところ、「忘れてた!」と言って、またプロテクタさんのところへ駆けて行きました。

 

今度はちゃんと「ホームセキュリティの機器の取り付けでお力になれること」話してきてくれました。

 

一宮から岡崎は、少々遠いですが、櫛田電工は名古屋市内ぐらいまでの距離を通常の業務範囲として、それよりも遠い地域も相談しだいで行くことができることも話してくれたようです。

 

その後も、2件ほど、声を掛けに行ってました。

そして、行っては戻っての途中で、立食で食べまくってたようで、

最後はお腹いっぱいって言ってました。

 

櫛田電工は、セキュリティシステムの設置工事をお受けしています。システムの設置工事でご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

防犯対策ですよホントです

2015-06-09

DSC02238

DSC02239

DSC02241

 

作業車の窓にスモークを貼りました。

 

これ、カッコ良さを出すためじゃないんです。だけじゃないんです。

 

仕事柄、事務所でも現場でも作業車に道具や工具、材料を積みっぱなしで車を離れることがよくあります。

 

そんな時にはやっぱり「盗難」の心配があります。

道具も工具も材料も、どれも高価なもので、たまに 盗まれてしまったという話は聞きます。

 

なので、スモークを貼って中を見づらくして、盗難防止の効果を狙ってみました。

 

色が濃い方が中が見えなくていいだろう? ということで、かなり濃い色のスモークを貼ってしまいましたが、

中からも外が見難くなってしまいました (^^ゞ

 

さて、盗難防止効果、発揮してくれるでしょうか?・・・

 

ちなみに、櫛田電工では、防犯カメラも設置しています。

防犯を考える上では、二重、三重の対策は不可欠です。

 

櫛田電工では、簡易的な防犯対策グッズから、トータルセキュリティシステムまで取り扱っています。

防犯対策をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工へご相談下さい。

 

いつもお世話になってます

2015-06-05

今日はいつもお世話になってる接骨院のご紹介です。

 

櫛田電工の職人さん、いつも全力で仕事をしてるので、

身体のどこかしらにガタが出てしまいます。

 

そんな時にお世話になってるのが「しんせい接骨院」さん。

 

shinsei-sekkotsuin↑クリックすると「しんせい接骨院」さんの
ホームページに移動できます。

 

肩の痛みや、腰痛の時にお世話になってるのですが、

電気でビビビーとしてもらうとスッキリします。

 

痛みが来る前からも、体のメンテナンスにちょくちょく通って、

腰を引っ張ってもらったり、

 

おすすめの接骨院です。

 

 

しんせい接骨院さんがお客さんでいっぱいの時は、

近くの系列店「はないけ接骨院」さんの方に行ってます。

 

hanaike-sekkotsuin↑クリックすると「はないけ接骨院」さんの
ホームページに移動できます。

 

どちらの先生も気さくな方で、院内の雰囲気の良さもあり、

安心して治療してもらえます。

 

どこの接骨院にしようかな? とお考えのときは、

しんせい接骨院さんと はないけ接骨院さん、おすすめです!

 

レンジフード交換

2015-06-04

本日は、一宮市 K様邸のレンジフードの交換工事をさせて頂きました。

 

設備のお仕事でも、櫛田電工は電気が関わることなら何でもできます。

櫛田電工には、設備屋を経験した職人もいるので、仕事も確かです。

 

 

さて、交換工事の方ですが、

元々付いていたレンジフード、かなり油が溜まっています。

取り外しをする際、溜まった油を頭からかぶってしまいました。

 

2人掛かりで取り外した後、

屋内と、屋外に分かれて同時に取付をしていきます。

 

P1010209

P1010211

 

手の速い職人によって、難なく取り付けが済みます。

 

P1010212

P1010213

 

作業中に付いた汚れも綺麗に拭き取り、

 

ピカピカな新しいレンジフードは、見ていて気持ちがいいです。
櫛田電工は、電気が関わることなら何でも承っています。

レンジフードはもちろん、コンセントやスイッチ一個でも、

お困りのお客様の元へ駆けつけます。

 

アンペア変更で漏電遮断器交換?(30A EBから30A ELB)

2015-06-03

ホームページのお問い合せフォームから、
漏電遮断器の容量アップについてお問い合せがありました。

 

(実際の内容は、アンペア変更に伴い、安全確保の為に漏電遮断器を交換するというものでした。 漏電遮断器を、負荷による遮断機能が付いたものへの交換させて頂きました。)

 

お客様がアンペア変更(30Aから40A)について電力会社さんに問い合わせたところ、

「漏電遮断器を30A EBから30A ELBへ交換」するよう、検討を促されたというご相談でした。

 

 

後日、お客様のご都合の良い日に現場調査にお伺いすることになりました。

 

調査をした際、お客様へ状況を詳しくご説明します。

材料がすぐに調達できるものであって、お客様から了承を得ることができれば、その場で材料を手配して交換まで行います。

 

お約束の日になり、現場の状況を確認したところ、

電力会社さんから促されたとおり、漏電遮断器の交換が必要でした。

お客様へ状況を詳しく説明し、工事の了承を頂きましたので、

すぐに、適合する新しい漏電遮断器を手配し、その日の内に交換させて頂きました。

 

P1010206

P1010207

 

 

ちなみに、

 

なぜ、漏電遮断器(漏電ブレーカー)を30A ELBに交換する必要があるのか? ですが、

 

それは、安全のためです。

 

今回の場合、40Aに上げて30A EBを使っていると、漏電遮断器に渦電流が流れると漏電遮断器自体が壊れて、火事が発生する可能性のある回路構成でした。

 

 

30A EBというのは漏電に対する遮断機能しか持ってなく。
30Aより高い電流(渦電流)で漏電が起きると、遮断器自体が壊れる可能性があり、
壊れるときに、火を吹いたりすると、火事になることもあります。

 

そのような場合でも安全に電気を止めることができるようにしなければなりません。

 

そこで、30A ELBです。

 

30A ELBには、漏電に対する遮断機能の他に、渦電流で遮断する機能が付いていて、渦電流で先に作動することで、遮断器自体が壊れるのを防ぎ、安全に電気を止めることができます。

 

なので、安全の為に30A ELBへの交換が必要ということになります。

 

 

では、漏電遮断器を40A対応のもの交換にすればいいじゃない?

と思ってしまいますが・・・

 

ここは30Aで良いんです。

これは、

40A契約になると漏電遮断器の中の電気の通り道が2つになるためで、
40Aをそれぞれの通り道に10A単位で振り分けて使うので、最大は10Aと30Aに分けた時の30Aになります。

漏電遮断器の30Aという表示は片側分の容量を表してるので、30Aまでの遮断器を使うことになります。

 

 

と、なぜ漏電遮断器の交換が必要なのか書いてみましたが・・・

 

電気工事屋としては、単層三線式や 合成電流などの言葉を使って説明してしまうところですが、そういった言葉を使わずに説明してみましたが、今ひとつ解りにくかったですね。

 

まとめ、

「契約アンペア数を上げるときは、メインのブレーカーだけでなく、安全のために漏電ブレーカーの交換が必要になる場合があります。」

 

 

あと、もう一つ、

アンペア変更についてのお話を。

 

アンペア変更する際、電気設備の回路構成によっては、いくつかの工事が必要になる場合があります。

 

例えば、今回のような、漏電遮断器の交換や、

その他にも、幹線ケーブルの入れ替え(ケーブルを太くする)工事など、電気を安全に通すための工事が必要になる場合があります。

 

「アンペア変更で、そもそも工事が必要になるのか? それは、どのような工事なのか?」

 

これらは、私共のような電気工事屋でも、調査お見積りしておりますが、上記の事例のように、電力会社さんに相談すると、教えてもらえるんですよね。

 

もし、工事が必要無かった場合、電力会社さんの方で完結してしまうので、実は、アンペア変更が無料でできてしまいます。(その後の電気代はかかります)

 

電気工事業を営んでる身としては、「アンペア変更を代行します」と言ってしまえば、回路の変更がなくても代行料金で儲けに繋がるのですが・・・ そこは、「お客様にとって最適なご提案ができることを目標に」していますので、このお話をさせて頂きました。

他の電気工事屋さんに怒られてしまいそうですね。

 

というわけで、

アンペア変更の際は、まずは、電力会社さんへ相談してみてください。

 

そして、

もし、回路の変更など、電気工事が必要とのことでしたら、

宜しければ、櫛田電工へご相談頂けたらと思います。

 

 

櫛田電工は、お困りのお客様の元へ、即駆けつけます。
現場職人の豊富な経験によって、不具合箇所の早急な発見や、応急的な処置も可能です。
電気が通るものなら何でも、お困りごとがあれば、櫛田電工へご相談ください。

 

 

これなーんだ?

2015-06-02

さて、これはなんでしょう?

 

DSC02103

 

 

正解は・・・

 

「テスター」でした。

 

このテスターは、電気工事屋の7つ道具の一つ。

(7つと言いましたが、電気工事屋の必須道具はもっと沢山あるんですけどね)

 

このテスターは、流れてる電流の量や電圧の高さ、導体の抵抗値も測ってくれる、電気工事屋の必須アイテム。

(ちなみに写真のものは電流値は測れないタイプです)

 

あと、「電気が流れるか?」なんていう通電のチェックもできます。

こっちの端とこっちの端はつながってる?とか、

途中で他の線と接触してないか?なんていうチェックに使います。

 

うまく使うと、コンデンサ(キャパシタ)のチェックもできちゃいます。

調子の悪くなった基板のチェックで重宝してます。

 

個人的にも1台持ってますが、

1ヶ月前からスイッチ入れっぱなしで 放置してたのはここだけの秘密です・・・

気づいたら液晶が点いてて、前に使ったのは~と考えたら1ヶ月も前でした。

でも、1ヶ月放置しても液晶の文字はクッキリです!

 

15年ぐらい前に買ったものですが、今まで電池交換もしてませんし、まだまだ壊れる気配もありません。

個人的な修理や電気工作に使ってきましたが、我ながら良い買い物をしたと思います。

 

あっ、そうそう、テスターもう一台欲しかったりします。

アナログのテスター欲しいです!

コンデンサのチェックをもっと楽にしたいです。

 

あれ? じゃあ デジタル容量計買ったほうがいいかな?

 

パソコン設定

2015-06-01

DSC_0861

 

午前にパソコンの設定のご依頼を頂戴しました。

そして、お客様のご都合に合わせ夕方お伺いさせて頂きました。

 

普段使っているパソコンから移行して、新しいパソコンで作業を始めたところ、プリンターが繋がらなくて困っているとのことでした。

 

その場ですぐにプリンターの設定をして、問題なく印刷できるようになりました。

 

お話が楽しく気さくなお客様、お助けすることができて良かったです。

 

櫛田電工は、お困りのお客様の元へすぐに駆けつけます。

電気工事だけでなく、パソコンの設定を始めIT分野にも精通した珍しい業務形態を採っています。

電気工事、パソコンのことでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

作業車・営業車を洗車

2015-05-28

DSC02309

DSC02310

 

昼過ぎまでに一仕事終えて事務所に戻ってきた職人さん。

 

お客様の元へすぐに駆けつけたときに、汚れた車では失礼。ということで

空いた時間を活用して、作業車と営業車の大掃除です。

 

櫛田電工はお困りのお客様の元へ即駆けつけます!

 

エアコン取付工事

2015-05-27

最近、暑さが増してエアコンの工事が増えてきました。

今日はその工事風景のご紹介です。

作業当日も35℃越えのとても暑い日でした。

 

まずは、エアコンのベースの取り付け。

ドレインのスムーズな流れを考慮した、取り付け位置と角度は絶妙です。

P1010161

 

室外機の接続部の作成。

高品質な専用工具を使い、冷媒の漏れに細心の注意を払っています。

P1010163

 

真空引き。

この作業はとても重要で、エアコンの効き(冷え方・温まり方)にとても影響する行程です。

中にはこの作業を怠る業者もいらっしゃいますが、櫛田電工はしっかり施工しています。

P1010164

 

水漏れのチェック

ドレインに見立てた水を流し、全てドレイン配管の出口へ流れ出ることを確認。

P1010165

 

動作チェック

冷風・温風・ルーバーの動作など、目視&体感チェック。

P1010166

 

そして、作業完了です。

P1010167

 

工事を近くで見ていらっしゃったお客様より、喜びのお言葉を頂くことができました。

 

猛暑が予想される今年の夏ですが、お客様の愛犬(ポメラニアン)も快適に過ごして頂けそうです。

 

エアコンの工事なら櫛田電工に、ぜひお任せください。

漏電調査

2015-05-19

ブレーカーがすぐに落ちると連絡を受けて、お客様の元へ向かいました。

 

現場は店舗様で、営業前の限られた時間での調査となります。

早速、状況を確認すると、

分電盤の中の沢山あるブレーカーの内1つだけが、ONにしてもすぐにOFFになってしまっていました。

 

連絡を受けた時点で、おそらく漏電ではないか?と想定していたので、

メガー(絶縁抵抗計:Ωメーター)を当てて計測してみました。

やはり、どこかで漏電してるようです。

 

DSC02293

 

さっそく、このブレーカーが繋がってる回路を店内に探しに行きます。

 

ですが・・・

 

探しても探しても、このブレーカーの先の回路が見つかりません。

ブレーカーは落ちてるのに、店内にある全てのコンセントには電気が来ています。

 

探す範囲を店内から、フロアー全体に、そして、つながっている屋上まで探してみました。

ですが、全ての回路に電気が来ていました・・・

 

お客様にお店の配線図を見せていただきましたが、図面が古くて載っていません。

 

結局、開店時間までに見つからず、ブレーカーを安全な状態に処置して現場を後にしました。

 

漏電調査では、ままあることなのですが、

お客様のお力になれなかったこと、正直、残念でなりません・・・

 

私達は、まだまだ精進が足りません。

今後またこのようなことが無いように、精進して参ります。

 

 

櫛田電工はお困りのお客様の元へ即駆けつけます!

 

名古屋市中区でLED化工事

2015-04-29

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市中区のとあるビルの1フロアーの照明をLEDへ交換させて頂きました。

 

間接照明とスポットライトが多く使われ、光の演出が施された、雰囲気のある空間です。

 

その綺麗な空間を、新しい光で壊さないよう、器具・球は元の照明に近いものを選定して工事にあたります。

 

各部屋には、高価なものが設置してあるので、養生も通常の養生ではなく、毛布も使った厳重な養生をしました。

 

また、ダウンライトの施工では、取り外し・取り付け、どちらの工程でも、天井の粉が落ちてしまいます。

そのため、掃除機も導入して、施工後に入念な掃除も致しました。

 

間接照明も一工夫必要で、古い球と、新しい球で長さが違い、取り付け後の全体のバランスが変わってきてしまいます。

職人さんは、今までの経験をフルに発揮し、新しい球の並びも、光の並びが美しくなるように間隔を計算して取り付けていきます。

 

フロアーのテナント様がお休みの1日での作業でしたので、多くの職人さんを導入して、一気に取り替えるという形態の工事で、

工事は計画どおり、朝から夕方までの時間で終わらせることができました。

 

 

櫛田電工は、お客様の要望に合わせた工事を行うことができます。

「普通とちょっと違うところがあるけどできるのかな?」などありましたら、ぜひ櫛田電工へご相談ください。お客様のニーズに合わせた最善の方法を提案させて頂きます。

 

パソコン修理

2015-04-16

パソコンの動作がたまに不安定になって困っているとご相談を頂きました。

お客様のご都合の良い日にパソコンをお預かりして調査をすることになりました。

 

まずはお預かりしたパソコンのデータのバックアップです。

パソコンのデータは大切です!

 

バックアップが済み、

動作を確認してみます。

特に「不安定」な状態は見られません。

これが「たまに」ということですね。

 

DSC02096

 

お客様から聞いている症状から、悪さをしている箇所の検討は付けていたので、パソコンの内部の確認に進みました。

 

DSC02083_l

各パーツの接続も特に問題なく、汚れもそれほど(山盛りまでは)溜まっていません。

DSC02091

やっぱり、おそらくアレです。

 

検討を付けていたパーツ(電源)を手持ちのものに交換してみました。

パソコンの蓋を閉じる前に、その他の溜まってた埃も掃除して、

そして、お客さまへ一旦返却です。

 

しばらく様子を見てもらい、問題がなければ、新しい電源を手配して、取付を行う予定です。

 

ちなみに、今のところお客様のところに戻ったパソコンには、問題は出ていないそうです。

 

 

櫛田電工は、パソコンのメンテナンスも承っています。

パソコンが不安定になった、動作が遅いなど、お困りのことがあれば気軽にご相談下さい。

 

名古屋市西区 照明のLED化工事

2015-03-23

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市西区の とある施設にて、照明のLED化工事をさせて頂きました。

 

住宅やビルと比べると2階分ぐらいの天井高の室内の天井の照明を全てLEDへ交換します。

 

こちらの施設では、全面足場を使用して作業に当たります。

足場の天面と天井との距離はちょうどいいのですが、

天井を支える梁と足場との隙間が狭く、足場を越えて移動する際は、屈んで通らなければなりません。

気を付けないと、梁の角で背中を擦って痛い思いをしますし、作業に没頭し過ぎて梁に頭(ヘルメット)を打ち付けることも何度か・・・

 

照明取り付け作業も気の抜けない作業ですが、いつも以上に周囲にも気を配らなければならない現場でした。

 

ダクト吊り、振れ止め、配線、器具と球の取り付け、ケーブルの接続と、工程は無事に進みます。

 

通電して、光の並び、スイッチとの対応を確認し、納得のいくまで手直しをし、最終的にはとても美しいLEDの光の並びとなりました。

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯から、店舗様・企業様向けの照明交換工事まで様々な規模の工事をお受けしています。 照明で省エネ、LED照明への交換をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工でご相談下さい。

 

照明LED化工事

2015-03-23

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市西区の某所にて、500平米ほどのスペースのLED化をさせて頂きました。

 

高い天井と広い範囲で、110型の器具を30台程 LED照明に交換することになります。

 

吊り金具から交換を行う大掛かりな工事となり、日数を要する工事となりました。

 

櫛田電工は、器具1台から、大掛かりな器具交換まで、照明のLED化工事を承っています。

 

LED照明などの省エネ照明器具に交換して、電気代の節約をお考えであれば、ぜひ櫛田電工へご相談下さい。

 

名古屋市北区 建物リニューアル工事

2015-03-11

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市北区の とある施設のリニューアル工事に、下請けとして参加させて頂きました。

 

工期は数ヶ月に及ぶもので、職人も各専門職が参加し、人数もとても多い現場です。

 

私共、櫛田電工からは3人程参加し、古い配管の撤去、新しい配管の敷設、内外の照明器具等の取り付け、ケーブルの敷設、配電盤(分電盤)の取り付け、スイッチの取り付け・コンセントの取り付けを行い、

この他にも、配管敷設と一緒に配管の塗装なども少々。

 

最初に、参加した日は、壁や床が剥がされた状態で、無機質な空間でしたが、

日が経つにつれ、少しずつ、出来上がっていき、

 

最後には、床や壁などに木材が使われた温かみのある綺麗な空間が出来上がっていました。

 

最初は無機質な感じがしていたのに・・・

 

このような変化は、工事をしていると、毎回、今回のような大きなものから、スイッチ交換のような小さなものまで、工事の度に感じることができ、その度に感慨に浸ってしまいます。

 

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。電気工事のご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

名古屋市北区 LED器具交換

2015-02-21

DSC01776

DSC01769

 

某所体育館の照明のLED化をさせて頂きました。

LED器具の搬入、取り付けるベースの設置、配線、器具取付と数日に渡る工事となりました。

 

取付工程が終わり、

点灯した時の明るさと、綺麗に並んだ光のラインは何度見ても気持ちがいいものです。

 

櫛田電工は、家庭用や事務所など、器具1台から大規模交換までお受けできます。

照明のLED化をご検討の際は、ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

名古屋市西区 照明交換工事LED化

2015-02-20

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市西区の とある施設にて、照明の交換工事をさせて頂きました。

蛍光灯からLED灯への交換です。

 

先日の名古屋市西区の照明交換工事とは別の場所の工事となります。

 

こちらの工事も、建屋内に足場を組んでの工事で、

天井の全照明の交換と配線・配管、弱電設備の配線・配管をさせて頂きました。

こちらの工事では、お客様のご希望で配管の塗装まで行っています。本業ではない塗装作業で、本業の塗装職人さんに比べれば出来上がりは雲泥の差がありますが、それでもということで塗装工程もさせて頂けることになりました。

 

古い器具とダクトの撤去から始まり、

新しいダクトの吊り下げ、配線、そして器具の取り付けをしていきます。

 

器具は、これまで使っていたものと異なる器種で、一度球を取り付けると、再度開けるのに一苦労する(コツが必要な)器種です。

 

まずしませんが、もし配線を間違えたときの手直しを考えると、

「絶対間違いはしたくない」と、より慎重な作業になります。

 

おかげさまで、無事配線が終わり、通電チェックも問題なし。

球の並びも、綺麗に並びました。

 

その後、配管の塗装をして、完成となりました。

 

 

ここで、お話を一つ。

器具を取り付けるダクトのお話。

完成した際の球の並びを綺麗にするには、それを取り付けるダクトの並びから綺麗にしなければなりません。

 

ダクトは天井から寸切りボルト(ずんぎりぼると)という、ネジ山が切られた長い金属の棒で吊り下げることになるのですが。

天井は、一見平なように見えますが、微妙に波を打っていて、

ダクトを真っ直ぐにするには、吊り下げる位置一箇所ずつ、天井からの距離を測って、寸切りボルトを切り出していく必要があります。

そして、それを、水平器を使ってボルトの「垂直」と、ダクトの「水平」を見ながら、一箇所ずつ丁寧に取り付けていきます。

そして、器具を取り付けます。

 

ダクトを丁寧に取り付けたのですが、それでも、ひと通り取り付けてからそのラインを端から見ると、ウネウネと波を打ってしまっているのです。

それを、職人2人が、一方で直線を見ながら、もう1人が微調整していきます。

ダクトの微調整と、器具の横方向のズレを整えることで、器具の並びを綺麗にすることができるのです。

 

ダクトも器具も、取り付ければ、「交換」は終わってしまいます。

ですが、取り付ける人たちは一人ひとりが「職人」という自覚からなのか「妥協を許しません」。各々が綺麗な完成を求めて仕事をこなしていきます。

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯から、店舗様・企業様向けの照明交換工事まで様々な規模の工事をお受けしています。 照明で省エネ、LED照明への交換をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工でご相談下さい。

 

名古屋市昭和区 太陽光パネル用配管工事

2015-02-05

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市昭和区 のとある施設にて、太陽光パネル用配管工事をさせて頂きました。

※下請けとして頂いた工事となります。

 

とある施設の屋上に太陽光発電パネル(小規模発電規模)を設置し、そのケーブルを、別のフロアへ引く為の配管を敷設させて頂きました。

 

途中、ケーブルの経路が壁を突き抜ける所があり、

コンクリートの壁をも貫通できる振動ドリルを使用して、穴を空けました。

 

壁は、鉄筋コンクリートで、ある程度穴を空けたところで、案の定鉄筋に当たりました・・・

 

鉄筋に当たっても、構わず突き進みます。

ドリルの刃が全然進んで行きませんが、ほんの少しずつですが、進んでいます。でも本当にほんの少しずつです。

 

しかも、鉄筋1本抜けたと思ったら、また鉄筋に当たり・・・

最終的に全部で3本ぐらいと当たってしまったのでしょうか。

新品の刃を使っていたのですが、いつの間にか刃も丸まって、

気付けば、1時間ぐらいドリルを回していました。

腕も肩も、耳までも限界です。

せめて耳栓が欲しかったです。

 

空いた穴にシーリングをしつつボックスを付けて、ケーブルを通しました。

 

その後、室内の壁を通していき、目的の場所までケーブルを引くことができました。

 

 

櫛田電工は、電源ケーブル・LANケーブルなど、ケーブルの新設・増設・抜き替えもお受けしています。 こんなことできるの?と思われるようなことがありましたら、 ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

愛知県知多市 幹線ケーブル敷設

2015-01-31

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

愛知県知多市のとあるプラントにて、幹線ケーブルの敷設をさせて頂きました。

※下請けとして頂いた工事となります。

 

プラントの本棟から、プラントの各所へケーブルを引くのですが、

プラントの最上部からは、逆に、ケーブルを下ろす形での作業となります。

距離はそれほど長くないので、10人ぐらいのチームでの人力作業となりました。

 

動力用ケーブルで、とても太くて硬いケーブル。

さらにそれが、3本ずつ撚ってあり、一度に3本を引かなければなりません。

 

ケーブルが通るルートには、先に、ロープを通しておき、そのロープをケーブルの頭に網状の接続器具で繋ぎ、引っ張る準備は完了。

 

大きな糸巻き(ボビン)のような形のケーブルドラムからケーブルを出しつつ、1人が無線で掛け声をだして、みんなで息を合わせて引っ張っていきます。

 

人数も揃っていたのもあり、無事に作業が終わりました。

 

ここだけの話、そこは血気盛んな職人さん達、引っ張ってる最中は怒号が飛び交ったりもしてたのは秘密です。

でも、それはしょうが無く。

怒号を出しても、意思を伝えなければ、怪我、ヘタをしたら・・・

そんな危険な世界なんですよね。自分だけでなく仲間たちも。

 

作業中は大声をあげますが、それが終わった途端、人が変わったように穏やかになったり。笑顔になったり。

仕事に厳しく、仲間を大切に。

職人というものを感じられる現場でした。

 

 

櫛田電工は、電源ケーブル・LANケーブルなど、ケーブルの新設・増設・抜き替えもお受けしています。 こんなことできるの?と思われるようなことがありましたら、 ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

業務用エアコン(埋込型)

2015-01-29

業務用エアコンの交換をさせて頂きました。

埋込型(天井カセット)の施工です。

 

IMG_0551

 

現場には櫛田電工内1・2の長身ツインタワーの2人の職人による施工。

業務用のエアコンはとても重いのですが、難なく撤去と取付を行います。

 

IMG_0477

 

真空引きまでしっかりと施工しています。

この作業はとても重要で、エアコンの効き(冷え方・温まり方)にとても影響する行程です。
中にはこの作業を怠る業者もいらっしゃいますが、櫛田電工はしっかり施工しています。

 

櫛田電工は、家庭用エアコンから業務用エアコンまで、大きさを選ばずに取り付け致します。

エアコンの取付をご検討の際は、櫛田電工へご相談下さい。

お問い合せお待ちしています。

 

名古屋市西区 電線配管工事

2015-01-16

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市西区の とある施設にて、建物リニューアルに伴う配管工事をさせて頂きました。

 

※下請けとして頂いた工事となります。

 

主に、スピーカーや換気扇、スイッチ・コンセント用の電線を収める配管で、PF管を使用して壁の中へ敷設します。

壁の板は外されてるので、木枠が剥き出しの状態です。

 

PF管とは、プラスチック製の蛇腹状の管で、ある程度自由に曲げることができ、壁の中の木枠を避けながら通すことができます。

でも、行く先が木枠で塞がれていて、通す隙間が無いこともよくあり、そんな時はホールソーで木枠に穴を開けてPF管を通すことになります。

 

問題なく各所への配管ができました。

 

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。電気工事のご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

愛知県豊田市 電設資材撤去など

2015-01-10

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

愛知県豊田市の とある製作所のリニューアルに伴い、幹線ケーブルの撤去及び改修、ラックの撤去をさせて頂きました。

※下請けとして頂いた工事です。

 

 

1本が親指の2倍の太さで3本1纏めになったケーブルの撤去と、その一部を新たな経路で再利用する為引き直します。

 

ケーブルは建屋の天井ラックを通っていて、建屋の天井高は二階建ての天井程。

ハシゴ(アップスライダー)でラックまで登って引っ張ったり、作業車を使ってケーブルを引っ張ります。

上2人に、下には下ろしたケーブルを巻く人が1人。

とても重くて硬いケーブルなので、上で作業する人も、下で作業する人も大変です。

 

建屋内の作業が済み、次は屋上の盤から外したケーブルの撤去。

こちらは、後でケーブルを持って降りれるように適度な長さに切っておきます。

太いケーブルを切るときに重宝する電動ケーブルカッター。

これがあるお陰で作業が捗ります。

 

別の日、建屋内の作業に戻ります。

今度は、撤去と同時に、そのケーブルを別のルートへ通しました。

長年使われていたケーブルは真っ黒な埃が溜まって、グローブもすぐに真っ黒になりますが、職人達はそんなことお構いなしに作業に没頭していました。

 

 

櫛田電工は、ケーブルなど電設資材の撤去もお受けしています。

撤去案件のご用命がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

名古屋市千種区 照明LED化工事

2014-12-24

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

名古屋市千種区の とある施設の照明をLED照明へ交換させて頂きました。

 

天井が高く、広いスペースの照明交換でしたので、足場(ローリング)を使用しての作業となりました。

 

現場への経路も限られ、建物の外壁に足場を組み、窓から出入り・搬入を行う、特殊な案件となりました。

 

古い器具の撤去、新しい器具・材料の搬入。

そして、新しい器具を取り付けるダクトを吊り下げていきます。

ダクトを吊り下げは、ベースになる部分で、出来上がりの美しさに直結する重要な工程です。

天井が少し斜めになっているのもあり、空中のダクトが通るラインから、天井に留める位置・距離を計算して材料を切り出さないと、出来上がりの光のラインが波を打ってしまいます。

慎重な作業が続きます。

 

そして、器具の取り付け。

仕事の速い職人さんは、パッパッと取り付けていくように見えますが、よく見ると、新しい器具に傷や汚れを付けないように、慎重に作業をしているのがわかります。

 

ケーブルを器具へ接続する際も、間違えられない作業。

接続を間違えたら、そのラインが点灯せず、間違えた場所の特定(時間がかかる作業)をしなければなりませんし、何より器具が壊れてしまうこともあります。

限られた時間の中で作業をする上で、間違いは大敵です。

 

全ての照明の取り付けが終わり、点灯試験。

光の並びを確認し、少しでも波を打ってる箇所は、納得がいくまで手直しします。

 

全ての手直しが終わったとき、

その光のラインはとても美しく、気持ちのいいものとなります。

これはおそらく、電気工事屋の仕事の醍醐味の一つだと思います。

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯から、店舗様・企業様向けの照明交換工事まで様々な規模の工事をお受けしています。 照明で省エネ、LED照明への交換をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工でご相談下さい。

 

名古屋市中区 照明LED化工事

2014-12-23

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市中区の とある施設の照明をLED器具へ交換させて頂きました。

 

年代物の建物に貴重な家具が置かれており、器具や工具の搬入、養生、細心の注意を払って作業に当たります。

 

100台弱の古い蛍光灯器具を撤去し、新しいLED器具を取り付けていきます。

 

ただ同じ場所に取り付けるだけではいけません。

今回の場合は、器具の上に乳白色のカバーが付いた、大きく長い照明器具で、内部の照明でカバーを照らし、光を拡散させています。

また、蛍光灯とLEDの光の広がり方の違い、蛍光灯が全体に広がるのに対し、LEDは一方向に広がります。

そのため、同じ位置に器具を取り付けると、器具と器具の間が暗くなってしまいます。

それを、避けるために、器具同士を出来る限り近づけたり、それでも暗くなる場合は、器具を加工して取り付けることになります。

出来る限り近づける、と言っても、何も考えずに近づけては、終端が半端になってしまいます・・・

なので、新しい器具の長さと、実際の器具取り付け場所の距離で計算し、2種類ある器具を、何本ずつ使えばピッタリ収まるか?

綿密な計算をして、取り付けていきます。

 

全て取り付け終わり、光の広がりの美しさも確認。

作業場所の足元の入念な掃除、道具などの片付けをして、作業完了となりました。

 

 

櫛田電工は、お客様の要望に合わせた工事を行うことができます。 「普通とちょっと違うところがあるけどできるのかな?」などありましたら、ぜひ櫛田電工へご相談ください。お客様のニーズに合わせた最善の方法を提案させて頂きます。

 

愛知県江南市 工場改修

2014-12-20

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

愛知県江南市の とある工場にて、フロアの一画の改修をさせて頂きました。

 

主に、仕切りの変更に伴う、照明の配置・配線の変更です。

 

改修前より、細かな纏まりで照明のスイッチを設けますので、天井裏ではエアコンの大きなダクトを避けつつ、新たなケーブルを敷設しつつ、天井に穴を開けないように足の踏み場に気を付けつつ、気が抜けない作業となりました。

 

また、天井裏に残されていた、以前から使用されていなかった不要なケーブル(両端が切断されていました)の撤去も行いました。

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯から、店舗様・企業様向けの照明交換工事まで様々な規模の工事をお受けしています。 照明で省エネ、LED照明への交換をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工でご相談下さい。

愛知県愛西市 動力電源ケーブル敷設

2014-12-19

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

愛知県愛西市のとある工場にて、動力電源のケーブルを敷設させて頂きました。

 

中央配電盤から、工場内の天井ラックを経由して、離れた工作機械の近くに小型配電盤を新設して接続します。

 

早朝からの作業で、昼までにケーブルの敷設を行い、

従業員が休憩を取られる昼休みに、接続作業をさせて頂きました。

 

問題なく通電し、作業完了です。

 

 

櫛田電工は、電源ケーブル・LANケーブルなど、ケーブルの新設・増設・抜き替えもお受けしています。 こんなことできるの?と思われるようなことがありましたら、 ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

防犯灯LED化工事

2014-12-16

P1010162_s

20141106-843-009-m

20141124-352-291-m

 

防犯灯の器具を蛍光灯からLEDへ交換しました。

台数は全部で500台を超え、工期は数ヶ月に及ぶものとなりました。

 

その間、近隣の住民から「明るくなったよ」など喜びの声を頂いたことが何度かあり、

常々 お客様へ「感動を与えたい」と思い作業を行っていますが、思いがけず お客様より感動させて頂き、皆様のお役に立てていることを実感できる工事となりました。

 

櫛田電工は、経営理念『「そんな事まで」と感動を与える』を掲げ、時代に合わせた事業を進めています。

 

不点灯器具の調査

2014-12-10

IMG_1798_s

 

照明が点灯しないとご相談を受けて、現場へ急行。

 

球とグローを交換しても点灯しないため、内部の確認へ。

電源の確認をすると、電気は来ています。

これらのことから、器具内の安定化電源の不調と分かりました。

 

お客様へ状態と対応案を説明し、相談をした結果、器具を交換することになりました。

 

復旧は急がれていませんでしたので、器具の選定を挟み、工事は後日となりました。

 

櫛田電工は、お困りのお客様の元へ即駆けつけます。

 

庭園灯の交換

2014-12-10

庭園灯が壊れていると連絡を受け、現場へ駆けつけました。

 

IMG_1925

IMG_1928

 

器具を確認すると、照明部とそのカバー枠が壊れていました。

 

支柱は無傷なので、頭部にだけ大きな力がかかって破壊されたようです。

 

このタイプの器具は支柱と照明部分がセットのものなので、支柱ごと交換となります。

 

事務所へ帰り、すぐに同等の器具を手配し、後日庭園灯の建替えを致しました。

 

櫛田電工はお困りのお客様の元へ即駆けつけます。

電気・照明など、電気が関わることなら何でもご相談下さい。

 

照明器具とW数

2014-12-02

IMG_1301_s

 

IMG_1298_s

IMG_1299_s

 

アパートの共用灯全交換の際に発見した事例をご紹介します。

 

とあるアパートの、照明器具の球を交換する前に、現場調査に行きました。

すると、球の周りのプラスチックが溶けた器具を発見。

 

溶けた原因は規定よりもW(ワット)数の高い電球が取り付けられていた事によるもの。

電球からの発熱量が器具の想定を上回り、溶かしてしまっていました。

球は白熱灯で、さらに熱が篭る形の器具でしたので、なおさらです。

 

どうやら、お客様が以前お願いした、他の業者さんが間違えて取り付けたようです・・・(櫛田電工からは初めてお伺いした物件です。)

 

このまま使い続けて火事のような大事になるまえに発見できて、良かったです。

 

櫛田電工は交換前には現場調査を行い、使用している球の確認をしています。

このような、間違った球を取り付けることはありませんので、安心してご依頼頂けます。

球替えのご相談は、ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

防犯灯のLED化

2014-11-28

防犯灯を、蛍光灯器具からLED器具へ交換しています。

工期は長期となっており、1日数十台の交換を行っております。

 

P1030260

 

P1020058

P1020041

 

今日は交換作業にお伺いしている街のお話なのですが。

 

交換作業中にお声がけして下さる方がいらっしゃったり、

下校途中の小中学生・高校生のお子さま達はみなさん挨拶をして下さる。

とても雰囲気の良い街です。

 

そんな中、よく掛けられる言葉は、

「あちらの方の防犯灯が変わってたけど、こっちの方はいつ交換するの?」

といったお言葉で、

みなさん防犯灯がLEDになることを待ちわびてるようでした。

 

回る順番がある程度決まってるだけに、

「順番に回っていますので、もう少々お待ちください。」と答えるしかないことに申し訳なさを感じてしまいました。

出来る限り早く交換にお伺いできるように精進いたします。

もちろん手抜きなんて致しません!

 

櫛田電工は、マンション管理組合や町内会など自治会様からの依頼もお受けできます。

電気に関するお困り事があれば、ぜひご相談下さい。

 

防犯灯をLEDに交換

2014-11-14

防犯灯を、蛍光灯器具からLED器具へ交換しています。

 

P1010849

 

P1020026

P1000900_l

 

交換後の点灯を夕方確認しているのですが、16:55ぐらいに一斉に点き出す明かりの並びは、光量もあり美しいです。

 

櫛田電工は、マンション管理組合や町内会など自治会様からの依頼もお受けできます。

電気に関するお困り事があれば、ぜひご相談下さい。

武豊町にて照明LED化

2014-10-30

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

通常の対応範囲には含まれていませんが、お客様と相談させて頂き、武豊町のお仕事を頂けることになりました。

2フロアのショッピングセンターの照明をLED照明へ交換させて頂きます。

施工は、ショッピングセンターの休業日、他の業種の業者さんも入って、電気工事は深夜に行うことになりました。

トラックで運び込まれた大量の照明器具。

全て丁寧に梱包されているので、取り出して、準備していきます。

また、一部の職人さんは古い照明器具の撤去。

それを追いかけるように、また他の職人さんが新しい器具を取り付けていきます。

バックヤード、店内、各フロアと、数日に渡っての工事となりました。

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯から、店舗様・企業様向けの照明交換工事まで様々な規模の工事をお受けしています。

照明で省エネ、LED照明への交換をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工でご相談下さい。

 

名古屋市 中村区 照明・換気扇交換工事

2014-10-23

名古屋市中村区、とあるビルの給湯室の照明のLED化と換気扇の交換と、

入り口通路の、照明の人感センサー付きダウンライト化、とコンセントの増設工事をさせて頂きました。

 

IMG_1626

IMG_1636

IMG_1635

IMG_1634

 

 

フロアのリニューアルに伴う、電気設備の改修です。

古い器具を取り外すときは、どうしても埃が落ちるので、しっかり養生をして工事に入ります。

 

まずは給湯室の照明交換、続けて換気扇の交換をするのですが、

同時にお客様からご相談を受けていた、無線LANを利用したセキュリティシステムの現場調査を、もう一人の同行スタッフが行いました。

こちらの件も、後日施工させて頂きました。

 

話は戻りまして。

照明と換気扇の交換工事ですが。

問題なく施工が終わり、交換後の写真を撮ります。

 

次に、フロアーを変えて、入り口廊下の照明の交換工事です。

蛍光灯器具が付いていたところを、ダウンライトへ交換します。

ダウンライトには人感センサーを接続して、人の出入りで明かりが点くようになっています。

 

省エネを考慮した新しい器具。

ダウンライトではありますが、広範囲を照らしてくれています。

 

 

IMG_1640

IMG_1648

 

最後にコンセントの増設をし、同時にサービスで、お客様が手の届かなくて球交換できないと言われた、高い位置の照明の球交換をさせて頂きました。

 

 

櫛田電工では、ご家庭向けLED照明1灯から、店舗様・企業様向けの照明交換工事まで様々な規模の工事をお受けしています。 照明で省エネ、LED照明への交換をお考えでしたら、ぜひ櫛田電工でご相談下さい。

 

愛知県清須市 電磁接触器・電磁開閉器・サーマルリレーの交換

2014-10-21

IMG_1554_mod

IMG_1505_mod

 

 

愛知県清須市の とある製作所様にて、接触器・開閉器の交換をさせて頂きました。

 

今回の交換は、休眠ラインの再稼働の際、電源が安定しなかった為のブレーカー周りの交換となります。

 

 

IMG_1552_mod

IMG_1564_mod

 

 

お話を頂いて現場調査を行い、交換する器具の手配・入手も済んでいます。

 

 

IMG_1566_mod

IMG_1656_mod

 

 

お客様の都合の良い日に工事日を決めて、工事を行います。

 

工場の配電盤は、少々複雑な配線がされてることもありますので、端子がどこに繋がっていたのか記録をして、工事に入ります。

 

すみやかに交換をし、電源を入れて動作を確認します。

ラインは問題なく稼働しました。

 

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。古くなった工場設備向けブレーカー、しばらく使用していなかった電気系統など、お気軽に櫛田電工へご相談下さい。

 

愛知県一宮市 庭園灯の建替え

2014-10-20

アパートの共用灯全交換をした際、破損した器具を発見しました。

ひとまず、応急処置として破損が広がらないように処置。

 

IMG_3941_2

IMG_3944

 

アパートの管理会社へ連絡し、器具の交換を行うことになりました。

 

同等の器具を手配し、建替えます。

 

まずは、破損した器具を撤去。

 

IMG_3947

 

新しい器具を設置し、

点灯試験も問題なく、作業時に付いた汚れを掃除して、ピカピカの状態で完成です。

 

櫛田電工は、経営理念『「そんなことまで」と感動を与えたい』を掲げています。

その理念に基づき、施工後には作業場所の清掃を行っています。

当然ですが、施工後お客様が作業場所を見た時に気分を害されないよう、心がけています。

 

壁面ブラケットの水没

2014-10-11

壁の照明(壁面ブラケット)が点灯しないと連絡を受けて、すぐに現場に駆けつけました。

 

 

IMG_3613

IMG_3614

 

器具を確認すると、

 

外観は特に問題ありませんでしたが、カバーを外してみると、内部が錆びていました。

 

カバーに付いているゴムパッキンが経年劣化などに寄る伸びとヨレで、そこから雨水が入り、内部に溜まり、金属部を腐食させたものと思われます。

 

お客様へご説明・相談の結果、器具を交換することになりました。

事務所へ戻り、すぐに同等の器具の手配をし、後日、器具を交換いたしました。

 

櫛田電工は、お困りのお客様の元へ、即駆けつけます。

現場職人の豊富な経験によって、不具合箇所の早急な発見や、応急的な処置も可能です。

電気が通るものなら何でも、お困りごとがあれば、櫛田電工へご相談ください。

漏電調査

2014-10-11

「ブレーカーが何度も落ちる」と相談を頂き、現場へ駆けつけました。

 

IMG_3447

IMG_3449

IMG_3450

 

経験から、漏電を疑い調査をしてみると、

やはり漏電していました。

 

IMG_3454

 

漏電箇所を探したところ、

庭園灯で漏電していました。

 

庭園灯の一つが、内部で水没していました。

内部の水ハケが悪く、ソケットが水没。その水のせいで漏電を起こしてしまったようです。

応急処置として、水の除去と、水抜き穴の清掃を行いました。

その後、お客様への説明と相談の結果、後日器具を交換することになりました。

 

櫛田電工は、お困りのお客様の元へ、即駆けつけます。

現場職人の豊富な経験によって、不具合箇所の早急な発見や、応急的な処置も可能です。

電気が通るものなら何でも、お困りごとがあれば、櫛田電工へご相談ください。

名古屋市中村区にて電源ケーブル敷設

2014-09-18

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋市中村区のとある施設様からのご依頼で、電源ケーブルを敷設させて頂きました。

 

電源ケーブルの長さは数100m、2日に渡る大掛かりな工事となり、

1日目は、ケーブルを通すための管の設置。

2日目は、ケーブルを通して行きます。

施工は施設が寝静まった深夜に行います。

 

配管、

予め計画された敷設経路に人員を配置します。

通路を使って管を伸ばす人、別の職人は各所の点検口を開けて管を待ち構えます。

 

点検口同士が遠い所があるので、塩ビパイプを繋いで作った、即席の長い通し具を先端に付けて通していきます。

 

配管は、ある程度の長さで、ジョイントで繋げるので、スムーズに通すことができました。

 

そして次の日、ケーブルを通します。

ケーブルは、途中で繋がず、端から端まで一本のケーブルで敷設します。

ケーブルの太さが増すほど、長さが長くなるほど、通線の難易度は上がります。

 

ドラム(ケーブルが巻かれた樽状のもの)を一方の端に設置し、そこからケーブルを配管に入れて通していくのですが、

太いケーブルはとても固く、通しながら細かい方向転換ができません。

昨日通した管は蛇腹状なので、そのギザギザに引っかかったり、

特に曲がり角では、ケーブルだけでは引っかかって押しても押しても入って行かなくなります。

 

なので、ケーブルの先端には、スチールと呼ばれる通線ワイヤーを取り付けて、それを先に通すことで、管の中をスムーズに通すことができるようになります。

 

あと、重要なのが入線液(入線材、通線オイル)。

ケーブルと配管の摩擦を低減させるためのオイルです。

ケーブルを配管に入れると同時に入線液も吹きかけておかないと、

ケーブルがとても重く感じたり、最悪の場合、通してる途中で動かなくなってしまいます。

 

床下のケーブルに、まさに綱引きのように構える職人、大きな体なのに天井の小さな点検口からスルスルと入って準備をする職人、自分の役割を心得て細かな指示をしなくても準備ができるのは連戦練磨の職人だからこそ。

 

昨日の配管のジョイントを一時的に外し、外したところで、ケーブルを引っ張り、同時に送ります。

 

各所、各員、準備ができて、満を持してケーブルを通します。

 

各員無線機を持ち、ドラムの位置から出される号令に合わせて。

ケーブル引きはチームワーク、みんな一丸となりタイミングを合わせて全力でケーブルを通していきます。

 

そ~らっ! そ~らっ!! そ~らっ!!!

 

ケーブルを引ききった時の達成感はとても言葉には表せません。

 

一仕事を終えて見る朝焼けには、感慨深いものがありました。

 

 

櫛田電工は、電源ケーブル・LANケーブルなど、ケーブルの新設・増設・抜き替えもお受けしています。

こんなことできるの?と思われるようなことがありましたら、

ぜひ櫛田電工へご相談ください。

 

マンション外灯の建替え(後編)

2014-09-15

IMG_2685

 

外灯の建替え後編(完成編)です。

IMG_1630

IMG_1640

IMG_1666

 

器具を取り付けた新しい支柱の用意ができました。

これを職人数人で支えながら、位置や垂直を測って建てます。

 

位置は足元の花壇の中央と、玄関の柱からの距離、

そして、垂直は南北・東西の2方向を測って真っ直ぐを出します。

完成後に美しく見えるシンメトリーを出すための、ミリ単位の工程です。

 

根本にコンクリートを流し込みつつ作業を進め、コンクリートが固まってきたら、もう一度垂直を確認して。

真っ直ぐを確認し、問題なく建柱できました。

 

点灯確認も問題なし。

 

コンクリートが完全に固まるまでは、足元にパイロンを立てて、「立入禁止」の看板を掲げておきます。

 

IMG_2685

 

夜になってから、明かりの光量と広がりを確認。

マンションの玄関周りはとても明るくなりました。

 

外灯の本数は4本から2本になったのですが、光量は以前より増しています。

さすがLED照明です。

 

2日間に渡る工事となり、少し大掛かりなものとなりました。

櫛田電工は、近隣の住民への挨拶を行い、クレームなど無いよう最善を尽くしております。

今回の場合は、マンションの住民様への挨拶と、マンション所定の掲示板(1F共用掲示板・エレベーター内)への張り紙を行っています。

 

マンション・アパートの修繕をお考えのオーナー様・管理組合様、櫛田電工は近隣・住民への配慮を怠りません。

安心して電気工事をご依頼頂けます。

 

←前編へ戻る

マンション外灯の建替え(中編)

2014-09-01

外灯建替えの続きです。

 

IMG_1610

IMG_1617

 

新しい器具の結線と、明るさセンサーなどの設定をしておきます。

新しいポールに、器具を取付て、建てる準備は準備万全。

 

また、現場調査のときに、配電盤のコネクターが劣化しているのを発見していたので、交換しています。

 

櫛田電工は、経営理念『「そんなことまで」と感動を与えたい』を掲げています。

コネクター一つでも、可能な限りお客様がより満足して頂けるように、細かな事に「気付けるよう」精進し、作業にあたっています。

 

→後編へ続きます。

 

マンション外灯の建替え(前編)

2014-09-01

IMG_1562

 

愛知県一宮市のマンション。

玄関前の外灯4本を、建替えさせて頂きました。

 

元々建っていた外灯は、ボンヤリとした明かりで、それをLED器具へ交換して明るくします。

 

一緒に支柱も、器具に合ったものへ交換します。

 

まずは撤去。

最上部の器具の取り外しです。

 

IMG_1585

IMG_1586

 

次に、支柱の撤去。

 

支柱抜き取りは、周囲に養生をしての作業です。

支柱周りの土を取り除き、支柱を取り除くと同時に、新しい支柱を建てる際のコンクリート打ちスペースの確保。

IMG_1591

 

配線が取り出せたところで、交換が可能なケーブルを新しいものへ交換します。

無理に交換すると、地面の中の途中で外れて止まってしまうので、

交換するケーブルの選定と作業は慎重に行います。

 

櫛田電工は、お客様の立場に立って考え、可能な限りご希望にお応えしています。

 

→中編へ続きます。

 

事務所開き

2014-08-30

この日、2014年8月30日は、櫛田電工 新事務所の事務所開き。

 

電気工事の職人さん5人とIT系2人に加えて、相談役も含めてワイワイ ガヤガヤ、寿司パーティ!

 

事務所の一角に設置したダーツボードでダーツで遊んだり、

お寿司食べて、ジュース飲んで、ダーツして、

楽しい時間と、大量のお寿司は、あっという間です。

 

締めに、

今後の抱負を話し、皆で櫛田電工の未来について思いを語らいました。

 

今やれることを全力でやってる間に、いつの間にか9ヶ月経ち、

少しづつですが 一歩一歩 あの時の櫛田電工の未来に近づいているような気がします。

 

今後も、その未来を夢見て走っていきます。

 

名古屋中村区LANケーブル敷設

2014-08-27

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

名古屋中村区のとあるビルで、LANケーブルと電源ケーブルを敷設させて頂きました。

 

イントラネット(社内LAN)を集中管理しているところから、別のフロアーへLANケーブルと、電気室から新しく電源ケーブルを引きました。

 

工事はビルが寝静まった深夜に行いました。

 

LANケーブルは家電量販店で見かける太さのものですが、長さは普通には売ってない箱入りのもの、出しても出してもどんどん出てきます。

電源ケーブルは親指より太く、1本の中に3本入った太さのものです。

屋内で数階分離れたところへ引くとなると、このぐらいの規模になります。

 

途中の鉄板やフロアーの床板を外して、その下を通していきます。

 

ケーブルが曲がる所や長い直線の中間、各所に人員を配置し、綱引きのように引っ張って、ケーブルの頭が自分のところを通り過ぎたら、今度は引っ張りつつ先へ押して送って。

そ~らっ!そ~らっ!と

号令に合わせてケーブルを通します。

 

もっと太いケーブルを通すときは機械を使ったりもしますが、

それはまた別の機会にお話します。

 

今回の場合は人海戦術でケーブルを通しました。

 

櫛田電工は、個人様だけでなく企業様からのご依頼もお受けしています。新しいフロアへケーブルを引きたい、現在のフロアーに新しく機器を入れたいから、専用の電源を引きたいなど、ご要望がありましたら、ぜひ櫛田電工へご連絡下さい。

 

マンション照明LED化(その3)

2014-08-19

一宮市のとあるマンションのLED化の続きです。

マンションの外周と屋内共用部の交換を終え、残るはスイッチ類の調整です。

 

IMG_0388_2

 

今まで使ってて気なったスイッチの配置など、細かな部分の調整です。

 

櫛田電工は、お客様の立場に立って考え、可能な限りご希望にお応えしています。

 

その1へ戻る

マンション照明LED化(その2)

2014-08-18

一宮市のとあるマンションのLED化の続きです。

マンション大規模修繕に伴う省エネ器具へ交換で、前回はマンション外周の照明をLED化しました。
今日は屋内の共用部の照明をLED化します。

 

まずは階段の表示灯の交換。

 

IMG_0280 

IMG_0334

新しい器具を箱から出すときも、箱を散らかしておかず、整頓しつつ作業を進めます。

 

1階エントランスにも明るい照明を取り付けます。

 

IMG_0393_2

DSCF2443

 

写真の階段の辺りを見て頂くと判るのですが、新しい照明で、クッキリと影ができています。

エントランス全体を照らせる、明るいLED照明を取り付けました。

 

櫛田電工は、経営理念『「そんなことまで」と感動を与えたい』を掲げています。

コネクター一つでも、可能な限りお客様がより満足して頂けるように、細かな事に「気付けるよう」精進し、作業にあたっています。

 

その3へ続く

共用灯全交換

2014-08-09

IMG_0806_s

IMG_0516_s

DSC_0569

 

アパートの定期メンテナンスの一貫で、照明の球を全て交換しました。

 

球切れを起こしてアパートの住人が不便を感じないよう、定期的な球替えを行っています。

 

万が一、突発的な球切れや器具の破損が起きても、櫛田電工にご相談くだされば、即駆けつけ致します。

 

マンション照明LED化(その1)

2014-08-07

一宮市のとあるマンションのLED化をさせて頂きました。

 

マンション大規模修繕に伴って、照明を省エネ器具へ交換することになり、櫛田電工にて工事させて頂けることになりました。

 

まずは屋外の照明の交換から進めます

 

0011

 

ポールの上の重い照明も、櫛田電工一番の力持ちにかかれば、軽々と取り外されてしまいます。

 

0002

IMG_0193

 

続けて、駐車場に設置された照明の交換。

 

いつも効率的な仕事運びを考えて作業にあたる職人が、手早く交換していくスピードは、仲間ながら凄いと思ってしまいます。

 

櫛田電工は、マンション管理組合や町内会など自治会様からの依頼もお受けできます。
電気に関するお困り事があれば、ぜひご相談下さい。

 

その2へ続く

LED交換工事とチームプレー

2014-07-23

※お客様との取り決めのため、写真はありません。

 

三重県四日市市の某ホームセンターの照明をLED照明に交換させて頂きました。

 

器具の数は100台を超え、数日に渡る工事となりました。

お客様のご希望で、工事は営業時間を避けた夜間に行います。

 

照明の交換工事の際は、どうしても長年積もった埃や電線の被覆屑などが落ちてしまいます。なので、櫛田電工では、商品棚へはしっかり養生をして、商品を汚れから守りながら工事をし、

 

また、電動の高所作業車と、作業車が届かないところは脚立と足場板を使い、適所に配置し効率的に工事を進めています。

 

 

さて、今日はもうひとつお話を。

 

広い範囲のLED化工事をする際のチームプレーを少しご紹介します。

 

こちらの工事では、電線はそのままで、器具はLED専用器具へ器具ごと交換だったのですが。

 

2人一組や1人で一列ずつ交換していきます。

2人で行う場合、1人が古い器具の撤去を、もう一人が追いかけるように新しい器具を取り付けていきます。

それはもう、パッパッパッと交換が進んでいきます。

 

たまに、古い器具と、新しい器具の内部のコネクターの位置の違いで電線が届かないことがありますが、そんなときでも、取り付ける人は、すぐに新しい電線を切り出してきて綺麗に収めてしまいます。

 

イレギュラーなことにも即対応ができる、まさに職人です。

 

そして、もう一人。

交換していくチーム、数チームに1人程度の人数で、

古い器具を受け取って廃器具置き場に持っていったり、新しい器具を出して、取り付ける人に渡す人です。

この人は、交換している各チームの進行状況を見ながら、適宜対応していきます。

交換する人の手が速い程、走り回ることになる人だったりします。

 

各々がその他の人を信頼しているからこそできるチームプレー、

櫛田電工はより素早い作業ができるよう、お互いを信じ・助け合う、より効率的なチームプレーを目指しています。

 

ダウンライトのLED化

2014-06-29

名古屋市中区の店舗様にて、ダウンライトの交換をさせて頂きました。

 

トイレ洗面所の照明が壊れたのを機に、電球型蛍光灯のダウンライトからLEDのダウンライトへ交換することになりました。

 

DSC02170

 

※写真の球の中に「櫛田電工」と書かれてますが、これは写真に入れた”透かし”です、実物には文字は入っていません。

 

交換前は洗面スペースが全体的に照らされていましたが、

交換後は洗面台の明るさが際立ち、雰囲気のある洗面スペースになりました。

 

櫛田電工は、電気が関わることなら何でも承っています。 個人様、店舗様、照明器具一台でも、お困りのお客様の元へ駆けつけます。

 

ダウンスポットライト取付

2014-06-29

一宮市のとある事務所の照明工事です。

ダウンスポットライトの取付工事をさせて頂きました。

 

DSC02113

 

打ち合わせスペースへの取付です。

取り付け後に明かりを点けて光の広がりを確認。

 

ダウンライトの打ち合わせスペース、全体を見ると、机に伸びる光の筋がオシャレな感じです。

 

 

櫛田電工は、レール(配線ダクト)を使ったスポットライトの取付も承っています。

お客様のご要望に合わせて光の向きの調整もさせて頂きます。

 

店舗様向け・ご家庭向け、櫛田電工では さまざまなシーンの照明工事を承っています。

ダウンライト、スポットライトの取付をご検討中のお客様、ぜひ櫛田電工へご相談下さい。

 

事務所照明LED化

2014-06-28

一宮市のとある事務所の照明をLED器具へ交換させて頂きました。

DSC02159

 

お客様からのご希望で、工事は事務所がお休みの日に執り行わせて頂きました。

 

元々付いていた器具を撤去し、新しい器具の取付。

 

お客様のご希望で、それぞれの器具にプルスイッチ(引っ張る紐のスイッチ)を付けています。

お話によると、以前テレビで見た、未来工業様の特集に感銘を受けてのことだそうです。

 

私も電気工事業を営んでる上で、未来工業様にはとてもお世話になっていて、お客様のお話も知っていました。

未来工業様の倹約に対する姿勢は、経営の上での基礎だと思っています。それを会社全体で徹底できていることはとても素晴らしい。

 

私共も常日頃、プルスイッチとまでは行きませんが、フロアーの人の居ない区画の照明は極力消すようにしています。

 

話をもどして、

取り付けたのは、2灯直管形のLED照明で、写真のものです。

全てのLED照明を点けると事務所全体が明るくなります。

来客が来た時はこの状態でしょうか?

営業さんが出払って、事務所に事務の方一人なんて時は、その上の照明のみ。

照明一つだけでも、その下の机の上は十分な明るさが出ていました。

 

 

櫛田電工は、経営理念『「そんなことまで」と感動を与えたい』を掲げています。 コネクター一つでも、可能な限りお客様がより満足して頂けるように、お客様の要望に合わせ、最善を尽くします。

Top